日産自動車がプレス向けにリーフノートe-POWERといった電動化車両をはじめ、セレナGT-Rなど、軽自動車をのぞくオールラインナップの試乗会を開催しました。

詳細画像はこちら

ここでは日産自動車の登録を牽引するノートe-POWERめてご紹介します。2018年上半期の登録販売台数において、48年ぶり(1970年上半期のサニー以来)に首位に立ったのがノート。その原動となったのがノートe-POWERです。

詳細画像はこちら

7月5日は、モーターアシスト式の4WDも追加し、寒冷地やなどの坂走行や発進時に、後ろからのもう一押し(駆動)が得られるのが特徴。

ノートe-POWERは、FFでも、氷上でもモーター駆動の利点を活かして、発進時から非常にスムーズなのが美点。モーターアシスト式の4WDが加わったことで、さらにでも安心して走れる選択肢が加わったことになります。

詳細画像はこちら

さらに、ノートe-POWERの魅は、強な制動感が得られる回生ブレーキを含めた「ワンダルドライブ」があります。アクセルブレーキの踏み違えの頻度は、新リーフほどではないにしても、慣れればアクセルブレーキダルの踏み替えが減ることは間違いなく、勾配のある場所でも強い加速、そして純ガソリンエンジンなどでは味わえない減速フィールが得られます。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ほかにも、発電に専念するエンジンが稼動していても較的静かな内、重心の低さを感じさせる乗り味などが魅ノートe-POWER。さらに、ノートは後席のフットスペースの広さなどの利点がありますから、ファーストカーとしても十分活躍してくれるはずです。

(文/塚田 写真/前田介)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【日産ノートe-POWER試乗】48年ぶりに上半期登録車販売台数ナンバー1に輝いた魅力とは?(http://clicccar.com/2018/08/13/618023/)