BMW X2は、X4、X6と同じように「SACスポーツアクティティクーペ)」を名乗りながらも「UNFOLLOW」というデザイン・コンセントが掲げられています。

詳細画像はこちら

日本語では、「反逆者」、「創造性」、「若さ」、「革新性」といった意味合いが込められているそう。既存の「SAC」とは一線を画すキャラクターを与えたとしています。

詳細画像はこちら

このクラスSUVは、アウディQ2が「破る」というコンセプトを掲げ、また、ボルボXC40もXC60やXC90とは異なるデザインテイストがあえて付加されています。

単に取り回しのいいコンパクトSUVだけでなく、個性的な印をもたらすことがトレンドになっているよう。X2は、お染みのキドニーグリルの下部を上部よりもワイドにして、低重心で強いスタンスを強調。

サイドビューも印的で、サイドインドウの後方のホフマイスターキンクというお約束デザイン手法をCピラーに組み込むことで、ボディ後方までサイドインドウの下部がせり立つラインが採り入れられています。

詳細画像はこちら

さらに、そのCピラーBMWのエンブレムを配置。これは、1960年代の2000CSなどからインスピレーションを受けたものだそう。かつての2ドアクーペの手法を採り入れることで、X2が「SACスポーツアクティティクーペ)」であることをするとともに、X4やX6とはひと味違ったムードの演出も意図されています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

キリッと切上がったヘッドライトも印的で、LEDデイタイムランニングライトを組み込んだ伝統の2デザイン、フォグランプの組み合わせにより、BMWらしさを強調。

詳細画像はこちら

サイドまで回り込んだ横基調のテールランプも特徴的で、BMW Xモデルの特徴である「T」字と、BMWクーペの個性である「L」字の輪が組み合わされた造形になっています。

詳細画像はこちら

基調のワイドなリヤバンパーも見逃せないポイント。撮影車両の新グレード「M Sport X」には、コントラトカラーの「フローズン・グレー」でペイントされた専用デザインのディフューザーを用意。さらに、直径90mmの大エキゾーストテールパイプが配され、存在感の高いリヤビューとなっています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ボディカラーは、訴色の「ガルニックゴールド」をはじめ、「グレイシャー・シルバー」、「サンセットオレンジ」、「ブラックサファイア」など7色のメタリック、「ブラック」、「アルピン・ホワイト」の2色のソリッドカラーが設定されています。

(文/塚田 写真/本間章悟)

【関連記事】

BMW X2試乗】クークロスオーバーSUVでも居住性、積載性に抜かりなし
https://clicccar.com/2018/08/12/616947/

BMW X2試乗】「スポーツアクティティクーペ」を名乗るにふさわしい軽快なフットワークが魅
https://clicccar.com/2018/08/12/617282/

BMW X2試乗】狭い都市部でも扱いやすいサイズと、驚異の最小回転半径5.1mがもたらす小回り性
https://clicccar.com/2018/08/12/617299/

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【新車】トレンドに則って!? BMW X2のエクステリアは従来の「SAC」とは一線を画すキャラクター(http://clicccar.com/2018/08/13/617711/)