12日、シンガポールプレミアリーグ20節が行われ、リーグ優勝を決めているアルビレックス新潟シンガポールは敵地で3位ホームユナテッドFCと対戦した。

 ホームユナテッドは今8日に行われたAFC ASEAN地域決勝でフィリピンクラブを破り、シンガポールチームとして初のASEAN王者にき、今一番勢いに乗るチームの一つ。アルビレックス新潟シンガポールの開幕敗記録を止めるために、気合十分で試合に臨んだ。

 前半、アルビレックス新潟シンガポールは9分に森永卓が倒されてPKを獲得。しかし、GKに防がれ先制のチャンスを逸する。両チームに得点は生まれず前半は終了した。

 後半開始直後の48分、ホームユナテッド17番シャフリル・イシャクがGKの頭上を越すシュートでフィニッシュ。ホームユナテッドが先制する。

 反撃に転じるアルビレックス新潟シンガポール85分に星野が倒されて得た高橋建也のFKはゴールを捉えることができない。今季初のかと思われたアディショナルタイム高橋ゴール前に放り込むと、混戦から最後は室伏航が押し込む。アルビレックス新潟シンガポールが土壇場で追いつき、開幕からの敗を「20試合」に更新した。

室伏航の貴重な同点ゴールで勝ち点1を手にしたアルビレックス新潟シンガポール