上野頼みのチーム構成からの脱却がカギ

 第16回世界女子ソフトボール選手権決勝が12日に行われ、日本アメリカに延長10回、6-7でサヨナラ負けを喫した。

 この日は、世界エース上野由岐子が3位決定戦のカナダ戦、そして決勝と1日に2試合17イニングを投げ、延長10回に尽きた。2大会、4年ぶりの頂点に立てなかった日本チーム木麗監督は、2020年に向けての最大の課題として、若い投手の底上げを掲げた。

 投打の二刀流藤田倭(太陽誘電)が伸びてきたが、「上野のような身体の高い選手はいない。投手の層が薄い。日本が得意としてきた細かい野球が他真似されている。これからの2年間、若い選手をどうやって経験させていくか」と発言。上野頼みのチーム構成から脱却し、いかに投打に戦の厚みを持たせるかに、今後の成長はかかっているという。

 連アメリカに敗れる悔しい2位ではあるが、監督は「大きな希望を持って再スタートしたい」と前を向いた。(細野功 / Yoshinori Hosono

日本代表・宇津木麗華監督【写真:荒川祐史】