Googleグーグル)は2018年7月10日、「2018年上半期Google検索ランキング」を発表した。

グーグルでの検索量が2017年と比較して急上昇したワードリストアップしたもので、その時々の話題・流行を反映している。

大谷翔平、宇野昌磨らアスリートがトップ10入り

急上昇ワード第1位は「ワールドカップ」。6月にロシアで開催された今大会で、日本代表は2大会ぶりに決勝トーナメントベスト16)に進出、大会前の下馬評を覆す活躍を見せた。第2位は2月に韓国・平昌で開催された「オリンピック」。フィギュアスケート羽生結弦選手が2大会連続で金メダルを獲得する快挙で、日本中が沸いた。7位には同大会で銅メダルを獲得した「カーリング女子」がランクインしている。

検索量が急上昇した著名人をリストアップする「話題の人」ランキングでは、未成年女性への強制わいせつ容疑で、5月にジャニーズ事務所を契約解除になった元TOKIOの「山口達也」が第1位。その一方で、トップ10にはアスリートの名前が目立った。第3位に米大リーグで活躍中の「大谷翔平」、第5位に平昌オリンピックの男子フィギュアスケート銀メダリスト宇野昌磨」、第6位に同スノーボード・男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した「平野歩夢」、第7位に同スピードスケート・女子500メートル金メダルの「小平奈緒」がランクインした。

急上昇ワードランキング
1位ワールドカップ
2位オリンピック
3位「漫画村
4位「大阪地震」
5位「コインチェック
6位「日大アメフト
7位「カーリング女子」
8位「ドンファン
9位「ビットコイン
10位「花のち晴れ

<急上昇「話題の人」ランキング
1位山口達也
2位「大杉漣」
3位「大谷翔平
4位「西城秀樹
5位「宇野昌磨
6位「平野歩夢
7位「小平奈緒
8位「小室圭」
9位「有賀さつき
10位「木南晴夏

※調査対象期間は2018年1月1日6月30日まで。<J-CASTトレンド>

急上昇ワード第1位は「ワールドカップ」