夏は昆虫の季節。虫がニガテだという人は少なくありません。

篠原かをり
篠原かをりさん/
 そんな“嫌われ者”の虫を愛してやまないのが、学生作家・篠原かをりさん。「出版甲子園」でグランプリを獲得し、つい先日には『昆虫最強王図鑑』(学研プラス/児玉智則・監修)まで出版した篠原さんに、夏をにぎわす虫たちとの上手な付き合い方を聞きました。

ゴキブリは“夏の季語”!?

――篠原さんはゴキブリを飼われているそうですね。

篠原かをり(以下、篠原):マダガスカルオオゴキブリや、デュビアなど数種類のゴキブリを合わせて400匹くらい飼ってます。ゴキブリって平安時代から知られていて、夏の季語なんですよ。

 江戸時代にはゴキブリは「御器被(ごきかぶり)」と言われていたそうで、裕福な家庭にしか出てこない昆虫で、今のように嫌われ者ではありませんでした。当時は「うち、ゴキブリ出るんだよね」って言うとマウンティングになるくらいの存在だったはずです。

――マウンティングですか(笑)。今は飽食の時代なので、ゴキブリはどの家庭にも出てきて、ほとんどの人が嫌う昆虫です。

篠原:残念ながらそうですね。ただ、私の飼っているマダガスカルオオゴキブリは、みなさんのイメージするようなゴキブリとはちょっと違うんです。

――どういうゴキブリなんでしょうか。

篠原:みなさんがゴキブリと聞いてイメージするのって、あのテカテカした感じとか、すばしっこい動きですよね。でもマダガスカルオオゴキブリは、テカテカしていないし、動きはすごくゆったりしているんです。

 私の友だちも「ふつうのゴキブリは嫌だけど、これならなんとか大丈夫」って言ってくれます。羽もないので飛ぶ心配もないですし。

――例えば自宅に出たゴキブリも捕まえて飼うのですか?

篠原:家に出るゴキブリは細菌も多いし、捕まえても際限なく逃げ出すので飼いにくいんですよ。だから見かけたら外に逃がしますね。

――現在は400匹飼っていますが、勝手に無限増殖する心配はありませんか?

篠原:それが、ゴキブリって繁殖に関してめちゃくちゃ賢くて、家族計画がしっかりしていて、住まいの大きさ以上に群れを大きくすることはないんです。

 群れが大きすぎても小さすぎても生存率が下がるから、種の存続のために本能で調整したりもする、とっても社会的な生きものなんです。

――夏はゴキブリ以外にもさまざまな昆虫が繁殖する季節です。虫を愛する篠原さんですが、夏に発生する虫とはどのように付き合っていますか?

篠原:ショウジョウバエなんかは殺虫してますね。殺してしまわないようにと思って捕獲できたとしても、なにかしらの傷はつけてしまう。それって自己満足に過ぎないんですよ。だから、責任を持って命を奪います。

コバエは柑橘系洗剤で一網打尽

篠原かをり

――なるほど「愛ゆえの厳しさ」だと。

篠原:私みたいに自宅に虫を飼っていると、腐葉土がたくさん必要で、とくにコバエ対策には気を遣っていますね。

 対策には柑橘系の洗剤が効果てきめんですよ。薄めた洗剤を小皿に入れておくと、コバエがおもしろいほど捕れる最強のトラップになります。

 あと、ゴキブリの場合、ゴキブリホイホイをキッチンなどに置くのはやめたほうがいいです。

――ゴキブリホイホイって効かないんですか?

篠原:いえ、その逆で効きすぎるのが問題なんです。集合住宅なんかでゴキブリホイホイを設置すると、近隣のゴキブリまで引き寄せてしまうんです。だから、設置する場合は玄関やベランダなど居住スペースから少し離れたところがいいと思います。

――夏は屋外レジャーの機会も多いですが、野外での虫対策って何かありますか?

篠原:虫は基本的に煙が嫌いなので、バーベキューをしていれば寄ってきません。タバコも世界各国で虫除けに利用されています。逆に虫が寄ってくるのは整髪剤やアルコール飲料です。

 クワガタを捕るときって、バナナアルコールで揉み込んだ罠を仕掛けておくんですよ。だから飲みかけのビールを放置するのは、昆虫採集しているのと同じです(笑)

――篠原さんは慶応義塾大学SFC研究所所員で、昆虫食などの研究をされているそうですね。

篠原:ただ、巷で言われているほどには、昆虫食は実用化にはまだ遠いのが現状だと思います。昆虫食はまだ嗜好品の範疇ではないでしょうか。

――そうなんですか。

篠原:戦時中にはカイコ3匹で、卵1個分の栄養価って言われていたんですけど、実はそれも間違い。昆虫がメインの食べ物になるかは難しく、まだ先の話です。

 ただ、昆虫は単純においしいです。例えばゴキブリはクセが少なくて昆虫の中でもかなり食べやすいほうです。

ゴキブリの美味しい食べ方とは?

篠原かをり

――ゴキブリですか!

篠原:もちろん種類によって味は違って苦いのもあったりしますが、おいしいものも多くて。以前、昆虫食の料理コンテストで審査員をやったことがあって、脱皮したばかりのゴキブリのホイル包み焼きを食べましたが絶品でした。

――たとえ味が良くても、見た目が……。

篠原:不快感を覚える方はいるでしょうが、だいたいの昆虫は油で揚げるとおいしく食べられるし、おつまみにもいいと思います。

 あと、エビ料理は基本、昆虫で代用できます。夏にはエビチリならぬ、“セミチリ”なんかもいいかもしれませんね。

――セミはどうやって調達するのですか?

篠原:セミは死骸だと、死後どれだけ経過したかわからず、腐っている場合もあるのでやめたほうがいいですね。

 夕方に羽化するため、木にあがってきたセミを捕るのがラクでおすすめです。セミの幼虫は植物的な甘みがあるので、好きな人も多いですね。

――たしかにエビの代用にゴキブリやセミなどの昆虫が使えると考えるとだいぶハードルが下がります。

篠原:セミ以外だと、コオロギも食用に使われますが、ただコオロギは共食いするので養殖が難しいんです。一方、ゴキブリは養殖も比較的容易で、性格もよいので仲間同士共存することができます。

 もちろん、心理的抵抗はあると思いますが、昆虫食が実用化されるなら、まずはゴキブリからということになるはずですね。

<取材・文/安里和哲 撮影/林紘輝(本誌)>

【安里和哲】

沖縄県出身。青山学院大学(国際政治学専攻)卒業後、フリーライターとして活動中。 得意な分野はインタビュー、映画批評、書籍レビューなど。 Twitter : @kzak325

 夏は昆虫の季節。虫がニガテだという人は少なくありません。  そんな“嫌われ者”の虫を愛してやまないのが、学生作家・篠原かをりさん。「出版甲子園」でグランプリを獲得し、つい先日には『昆虫最強王図鑑』(学研プラス/児玉智則 […]