東京・お台場で開催された世界最大級のアイドルイベントTOKYO IDOL FESTIVAL 2018」の最終日となる5日、メインステージに今年で結成10周年を迎えるSKE48が出演した。

この日「HOT STAGE」のトップバッターとして出演したSKE48は純白の衣装で登場。小畑優奈Team KⅡ)さんがセンターを務める『意外にマンゴー』でライブスタートした。

小畑さんは「トップバッタありがとうございます!ここから最後まで楽しんで行きましょう!」と会場を煽ると、続けて『夏よ、急げ!』『ごめんね、SUMMER』『パレオはエメラルド』と披露した。

自己紹介を挟んで後半戦は、7月4日リリースされた最新曲『いきなりパンチライン』を情熱的なパフォーマンスで熱唱して会場を沸かせた。さらに『チキンLINE』『12月のカンガルー』と盛り上がりを見せ、最後は『無意識の色』でステージを終えた。

須田亜香里Team E)さんは「アイドルファン最高です!みなさんの推しメンや推しアイドルを大切にしてください!」と会場いっぱいの観客に呼びかけてステージを締めくくった。

SKE48