日本のストリートダンスを若者だけでなく、幅広い世代が楽しめるメジャーなカルチャーへと育て上げ、大人数のダンサーが創り出す作品の可能性に早くから着目し、ダンステクニックではなく振付のコンテストとして数々の伝説を生んできた「Legend Tokyo Chapter.8」が8月18日、19日に開催されました。

 本大会から輩出された振付家が近年の日本のダンスの盛りあがりに各方面で活躍していることもあり、さらに注目が高まる中での開催となった「Legend Tokyo Chapter.8」。東京オリンピック開催による会場、セキュリティの都合などで、今回がひとまず最終章となることが発表されました。毎年この大会を目指してきた多くの振付家、ダンサー達にとって記念となる大会とあって、強い意気込みが感じられる熱気あふれる大会となりました。
 今大会のエントリーは18組。過去に開催された「Legend Tokyo」で上位を獲得した振付家に与えられるシード枠を含め、西日本大会、東日本大会の受賞者が顔をそろえ、誰がレジェンドとなってもおかしくないクオリティの高い出展作品が披露されました。

本大会出展作品は次の通り(出演順)
【第1部】
出展作品名:「LOCKIN’部族の、とある日」 振付家:Hi-SAE(神戸)
出展作品名:「今此処で…」 振付家:tatsuki aso(大阪)
出展作品名:「繋 ~grow~」 振付家:Bloom(東京)
出展作品名:「極楽浄土」 振付家:KYON(京都)
出展作品名:「道徳的な私達」 振付家:MUKABI(大阪)
出展作品名:「美惒祭(びふうさい)」振付家:MIWA(東京)
出展作品名:「幕開けの夜」 振付家:Neutralization(東京)
出展作品名:「サラバ学生」 振付家:アストコ(東京)
出展作品名:「笑顔の大発明」 振付家:Tact&ASANO(東京)
【第2部】
出展作品名:「魔女まじっく天国~本日の伝説~」 振付家:増田美咲(東京)
出展作品名:「kool the gang」 振付家:MASAKO(大阪)
出展作品名:「失う前に…」 振付家:Anthony Hutchinson(UK)
出展作品名:「ガンバガール」 振付家:KANAMI名古屋
出展作品名:「WREIKO WORLD NIPPON」 振付家:WREIKO(東京)
出展作品名:「Precious Life」 振付家:kaorin(兵庫)
出展作品名:「カルマ」 振付家:ENstarry ENvitation(大阪)
出展作品名:「Nothing is worthless」 振付家:SuperNOVA(大阪)
出展作品名:「Just one flower in desert.」 振付家:chinami&Micky(東京)

最終章となる本大会のコンセプトは、日本の振付作品の“未来”をみせること。まさにダンスの未来を切り拓くコンテスト作品群はもちろん、「Legend Tokyo」のみどころのひとつゲストパフォーマンスは、本大会が輩出した振付家たちがより大きなエンタメ業界と融合することにより、今までにない新しいエンタメ・コレオグラフ作品の実現例とその可能性を披露してくれました。

 オープニングは、「Legend Tokyo Chapter.6」の覇者、ENcounter ENgraversの振付で、テーマは「応援団」。高校野球甲子園応援団モチーフに、圧巻のドラムパフォーマンスと融合した振付作品で大会挑戦者たちに熱いエールを送りました。
 ティーンズ・ゲストとして出演したのは、熊本の鎮西高校ダンス部。披露したのは「女子欲」という作品で、今の高校ダンス部作品のレベルの高さをみせてくれました。
 そして、本大会のChapter.1からChapter.5に連続出展し、すべての大会で受賞した実績を誇る振付家・Ruuが、その後世界大会「World Of Dance」で2年連続優勝した実績をもって映像と融合した凱旋パフォーマンスを披露。
 またスマホゲームモンスターストライク」から生まれた話題のダンスショー「NENBUTS DANCE」をENcounter ENgraversの振付家AKIHITOが振り付けるというパフォーマンスに場内が沸きました。
 海外からはグラミー賞受賞アーティストのMYAをゲストに迎え、2017年Legend Tokyo Chapter.7」で優勝した振付家avecooとのコラボレーションパフォーマンスが披露されました。
 また、大会1日目にはスマホアプリmysta」で選ばれた次世代スターたちが、日本のトップミュージシャンたちの生演奏で踊るという、まさに若者ダンサーたちに夢を与える特別ステージも展開されました。

8月19日はいよいよ最終日、この8年の集大成とも言える結果発表を出展者、ダンサー、観客が見守りました。結果は次の通りです。
◇最優秀作品賞“レジェンド”     「美惒祭(びふうさい)」振付家:MIWA(東京)
◇準最優秀作品賞“セミ・レジェンド”  「kool the gang」 振付家:MASAKO(大阪)  
◇オーディエンス賞          「美惒祭(びふうさい)」振付家:MIWA(東京)
◇Travis Payne 審査員長特別賞  「今此処で…」振付家:tatsuki aso(大阪)
◇海外音楽アーティスト 審査員賞 「Precious Life」 振付家:kaorin(兵庫)
◇ぴあ 審査員賞         「笑顔の大発明」 振付家:Tact&ASANO(東京)
イベント演出家 審査員賞    「Precious Life」 振付家:kaorin(兵庫)
◇音楽プロデューサー 審査員賞「WREIKO WORLD NIPPON」 振付家:WREIKO(東京)
ホリプロ 審査員賞     「サラバ学生」 振付家:アストコ(東京)
◇舞台演出家 審査員賞    「笑顔の大発明」 振付家:Tact&ASANO(東京)
XFLAG 審査員賞      「カルマ」 振付家:ENstarry ENvitation(大阪)
2.5次元ミュージカル界 審査員賞   「極楽浄土」 振付家:KYON(京都)
◇C CHANNEL/mysta 審査員賞  「サラバ学生」 振付家:アストコ(東京)
アジア文化交流 審査員賞    「美惒祭(びふうさい)」振付家:MIWA(東京)
mizuno特別賞         「サラバ学生」 振付家:アストコ(東京)
◇ライジング・プロダクション特別賞  「ガンバガール」 振付家:KANAMI名古屋
◇日本ダンス大会特別賞      「道徳的な私達」 振付家:MUKABI(大阪)
◇JDSF特別賞          「美惒祭(びふうさい)」振付家:MIWA(東京)
JDAC特別賞          「繋~grow~」 振付家:Bloom(東京)
 2日間に渡る大会は、「Legend Tokyo」8年間の集大成とも言えるクオリティの高さを実感させ、もはやストリート・カルチャーという枠組みでは語れない、エンターテインメントの可能性を見せてくれました。
 ミュージックビデオアーティストライブ、CM、テレビ番組、映画、舞台……、もはやエンターテインメントのあらゆるジャンルで欠かせない要素であるダンス、この大会で進化してきた振付家、ダンサー達の今後の活躍が期待されます。

■公演タイトル:『Legend Tokyo Chapter.8』

■公演日程 
【DAY.1】2018年8月18日(土) オーディエンス投票日
【DAY.2】2018年 8月19日(日) 審査結果発表 
■審査員
 大会審査員長 Travis Payne
 特別審査員 MYA
 大会副審査員長 染谷誓一(ぴあ株式会社 執行役員/株式会社東京音協 代表取締役社長)
小林雄二(株式会社ティー・ツー・クリエイティブ 代表取締役社長/演出家)
GIORGIO CANCEMI(音楽プロデューサー/アーティスト
鈴木基之(株式会社ホリプロ 専務取締役/株式会社ステラキャスティング 代表取締役社長)
田尾下哲(演出家/劇作家)
田村征也(株式会社ミクシィ 執行役員/ライブエクスペリエンス事業本部 本部長
     株式会社XFLAG STORE代表取締役社長)
野上祥子(株式会社ネルケプランニング 代表取締役社長)
森川亮(C Channel株式会社 代表取締役社長/mysta株式会社 代表取締役社長)
Yan An(全日本華僑華人連合会 名誉会長/中国海外交流協会 常務理事/
中華文化促進会 理事)
■会場:東京国際フォーラムホールA

■公演に関するお問合せ 
株式会社ジャスト・ビー 『Legend Tokyo』事務局
電話  070-5543-0563 受付時間 平日13:00~20:00
メール info@legend-tokyo.com


配信元企業:株式会社キョードーメディア

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ