アルゼンチン代表のリオネル・スカローニ暫定監督が、バルセロナのFWリオネル・メッシについて言及した。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

ロシアワールドカップ(W杯)でベスト16敗退に終わったアルゼンチン代表は、ホルヘ・サンパオリ監督を解任し、スカローニ暫定監督のもと再始動。そんな中、最近チームエースであるリオネル・メッシが、年内の代表活動に参加しない見込みであることがアルゼンチンメディアによって伝えられた。なお、2019年ブラジルで開催されるコパ・アメリカへの出場も不透明だという。

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は17日、来月行われる国際親善試合に向けたアルゼンチン代表候補メンバー35名を発表。FWジオバンニ・シメオネやFWラウタロ・マルティネスなど欧州クラブに所属する若手や国内で活躍する選手が中心に選出された一方で、メッシマンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロパリ・サンジェルマンのFWアンヘル・ディ・マリアらと共に招集外となった。

▽スカローニ暫定監督は、年内の代表招集拒否が噂されたメッシについて口を開いた。

メッシと話をした結果から私はチームを構成した」

「我々は将来については話していない。メッシが我々を代表する選手だということはわかっている。今後どんなことが起こるか見てみよう」

アルゼンチン9月7日にグアテマラ代表と、同11日にコロンビア代表とのフレンドリーマッチに臨む。

サムネイル画像