木村昇吾です。ありがたいことにクリケットの世界に転身してから、メディア媒体で取り上げて頂く機会が増えました。クリケットを始めてまだ7か月ですが、15年間やってきたプロ野球の時に呼ばれたテレビ出演回数を超えるほどです。

 今はプロ野球からクリケットに転身した物珍しさだと思うので、結果を出して再び扱ってもらえるように頑張ります。

・合わせて読みたい→
元プロ野球選手・木村昇吾がクリケット代表で「ジャンクSPORTS」に出演 サッカー日本代表FW・宇佐美貴史、ボクシング・井上尚弥に刺激受ける(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/shogokimura-serialization-23/)


 テレビ番組で司会者やタレント、アスリートの方々がクリケットに興味を持って頂くのは非常にうれしいです。フジテレビの「ジャンクSPORTS」では浜田雅功さん、武井壮さんに激励の言葉をかけて頂きましたし、テレビ朝日中居正広スポーツ!号外スクープ狙います!」ではオンエアではカットされてしまいましたがクリケットを実演する時間を頂き、中居正広さんがクリケットに興味を示して色々質問してくれました。赤星憲広さんや落合博満さんからも「頑張れ」と声を掛けてもらい、身が引き締まりました。プロ野球の偉大なOBの方々からかけられた言葉をかみしめると共に、クリケットの世界で一日でも早く結果を出したいですね。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部 平尾類]

木村 昇吾(きむら・しょうご)

1980年4月16日大阪府まれの37歳。尽誠学園で3年夏に甲子園出場。愛知学院大に進学し、遊撃手ベストナインを5度獲得するなどリーグ通算打率・318、5本塁打。02年ドラフト11位で横浜に入団。07年オフに広島にトレードされ、11年は遊撃のレギュラーをつかみ、自己最多の106試合出場で37犠打をマーク。15年オフにFA権を行使したが移籍先が難航し、西武にテスト生で入団。昨年限りで戦力外通告を受け、クリケットに転身。インドのプロリーグでの活躍を目指す。あずさ夫人と子供は1男2女。

木村昇吾公式サイト(http://shogokimura.net/)

クリケット始めて7か月 プロ野球時代のテレビ出演回数を超えた