ライブ

(bernardbodo/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

25日から26日にかけて放送される夏の名物番組『24時間テレビ』(日本テレビ系)。「愛は地球を救う」をテーマに、さまざまな企画が行われる。

同番組といえば、人気のジャニーズタレントが出演しているが、このことについてネット上では賛否が相次いでいる。

■会場での募金に「握手会」と揶揄

今年はSexy Zoneメインパーソナリティを務める同番組。番組の観覧客の中には多くのジャニーズファンがおり、ファンにとっても夏の大きなイベントだ。

また、番組ではチャリティー募金を受け付けており、ファンアイドルが握手する様子も。そのことから、ネット上では「握手会」と揶揄されることもある。

福祉や環境のために使われる募金や、「愛は地球を救う」というテーマでありながら、ファンアイドルの交流会となっていることに、違和感の声があがっている。

■「理解できない」「握手する場じゃない」の声

ツイッター上では「会場は握手会の場所じゃない」「下心見え見え」とのコメントも。

■「募金した事実は変わらない」の声も

一方で「目的は募金であって握手じゃない」と疑問や批判の声が寄せられているが、これに異論を唱える声も。

大切なのは募金されることであり、そのきっかけにつながるのであれば握手も仕方ないとの意見だ。

■松島聡の「握手拒否」が話題に

そんな中、Sexy Zoneの松島聡がファンからの握手を拒否したとのツイートが話題になっている。これに、同グループファンからは「さすがだわ」「好感度アップした」との声も。

称賛の声が相次いでいるが、一方では「握手くらいいいじゃん」「握手しなかったら好感度上がるとかただの嫉妬では?」との声もあがっている。

ファンの中でも揺れる「ジャニーズと募金」問題。ツイッタートレンドでは「国民的Sexy」がトレンド入りするなど、やはり番組と同時にジャニーズファンが盛り上がっていることは間違いない。

・合わせて読みたい→国民的アイドルもさすがに嫌がる? 握手会に来る「困ったファン」とは

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

『24時間テレビ』募金に「ジャニーズとの握手会」と疑問 「何目的でもいい」と反論も