シャネルカウンターにて


エレガントな香水から肌なじみのよいスキンケア用品、トレンドを反映しつつもオリジナリティのあるメークアップ用品までが揃うシャネル

ギャラリーラファイエットでは、カード会員を対象に店舗の香水やコスメがお得に買えるセールを年に何度か行っています。在住者としては、逃したくないチャンス! ということで、いつも使っているファンデの予備を購入しに、シャネルカウンターへ。

購入した際に、メイクアップレッスンのチケットを受け取りました。このチケットは、ベースメイクまたはアイメイク、リップなどポイントメークのレッスンが無料で受けられるというもの。筆者はアイメイクを選択、後日改めてカウンターへと向かったのです。

シャネルメイクアップレッスンが無料で!


イベントでもない限り、化粧品カウンターでの本格的なメイクアップレッスンって珍しいですよね。あったとしても有料のことが多いと思います。

ちなみに日本にあるシャネルの化粧品カウンター(阪急うめだ本店限定)でもメイクアップレッスンは受けられるようですが、やはり有料のよう。そんなシャネルメイクアップレッスンが30分間無料で受けられるなんて、ラッキー! だと思っていました。このときは・・・!

アイメイクはとにかくセクシー


レッスンに訪れた時期が秋だったため「カーキやダークブラウンなど落ち着いた色を使った、自分に似合うアイメイク」をオーダーしてみました。まずはお肌のコンディションを整えるスキンケアから。その後、ファンデは塗らずに(!)アイメイクに突入。

美容部員の指示通りに、パレットの色を重ね付けしていきます。大人っぽい上品な目元を想像していたのですが・・・。落ち着いた色を使った割には、かなり派手な印象。

ビューラーは使わない、衝撃のマスカラテク


「目線を落として、根元からマスカラを重ねづけしましょう」と、美容部員。パリ在住のTABIZINEライター北川菜々子さんが「フランス人は顔を洗わない〜日本とフランスの美容コスメ、6つの違い〜」の中でも綴っていますが、マスカラの付け方が日本とフランスでは根本的に異なります。まつ毛がもともと長く、クルンとしている人が多いせいか、ビューラーは使わないのがフランスでは一般的。



これまでビューラーなしでは塗ったことがなかったけれど、さすが美容部員の指導だけあり、ビューラーがなくても目ヂカラアップ。"目線を落として、根元からマスカラを重ねづけする"というテクニックは、ビューラーを忘れた旅先で今後も役立ちそうです。

ルーシー・リューしか見えないんですけど・・・


レッスン終了後の自分の顔を見て、背筋が凍りました。「どこからどう見ても、ルーシー・リューにしか見えないッ! 洗練されたフランス人マダム風を想像していたのに、どういうこと!?」。筆者は彼女のような美しい顔立ちではないんですが、雰囲気はアジア系の米女優ルーシー・リューそのもの。

海外テレビコマーシャルファッション雑誌を見ていると、アジア人女優やモデルメイク違和感を覚えることがありますよね。あんな感じでした。西洋人には似合うんでしょうけれど、日本人にはちょっと・・・。



その日は夜にフランス人の友人と食事の約束をしていたので、そのまま向かうと「華やかなメイクね。超ステキ! セクシー!」とお褒めの言葉をいただきました。美意識の感覚は違うんですね。

しつこいようですが、ルーシー・リューは目指していないのでうれしくなかったし、まったく参考にならないメイクアップレッスンでした。トホホ・・・。

[Photos by Shutterstock.com] 


ありえない!日本人がフランスの化粧品カウンターで驚いたこと