人気キャスター小倉智昭さん(71)が、2018年8月29日放送の「とくダネ!」(フジ系)で、乳がんで亡くなった漫画家さくらももこさんについて「全く知らない」などと告白したことに、インターネット上で疑問の声が相次いでいる。

こうした小倉さんの発言が飛び出したのは、さくらさんが生んだ作品の魅力を振り返る特集VTRの直後だった。それだけに、視聴者から「わざわざ言う必要ある?」とのツッコミが寄せられたのだ。

「お恥ずかしい話なんですが...」

この日の「とくダネ!」では、15日に亡くなったさくらさんについて特集。「ちびまる子ちゃん」の名シーンアニメ映像で振り返ったり、短大時代の「恩師」が当時のさくらさんについて語ったりするなど、故人の思い出を深く掘り下げたVTRが放送された。

だが、このVTRが流れた直後、なぜかスタジオの小倉さんは第一声で、

「本当にお恥ずかしい話なんですが、『ちびまる子ちゃん』とか、さくらももこさんとか、全く知らないんですよ!『ちびまる子ちゃん』って、1度も見たことない!!」

と声を張り上げた。さらには、2005年放送のドラマ版「ちびまる子」に出演していた進行役の笠井信輔アナウンサー(55)に対しても、

「笠井君のドラマもね、申し訳ない、1度も見たことないんだよね」

と告げていた。

これに笠井アナは、「あの...、やっぱり世代的なものはありまして」とすかさずフォローを入れた。しかし、こうした小倉さんの発言に視聴者からは、ツイッターネット掲示板に、

「普通に今言わなくていいと思う」
「別にそれ言わんで良くない?なんでわざわざ言った?」
「見たことないだけじゃなくて『知らない』とわざわざ言う必要ある?」
「どういうつもりか知らないけど 余計な一言」

といったツッコミが続出する騒ぎとなった。

放送前には追悼ブログも...

さらには、小倉さんが「とくダネ!」放送前の29日朝のブログで、「はやすぎるよ、さくらさん」と題した追悼記事をアップしていたことに言及するユーザーも。このブログで小倉さんは、生前のさくらさんに関するエピソードを紹介しつつ、

「『平成』も来年の4月30日までで、年号が変わるまであとわずか。まさに『平成』を駆け抜けたという早世になってしまいました」

と悼んでいた。

こうしたブログの公開直後の番組で、さくらさんについて「全く知らない」「(作品は)1度も見たことない」などと発言したことには、

「小倉さん、わけがわからん」
「こんなんだったらいちいち書くなよ」

違和感を抱くネットユーザーも目立っている。

なお番組ではその後、タレントデーブスペクターさんやコラムニストの深澤真紀氏らスタジオ出演者がさくらさんの漫画やエッセイの魅力を熱弁。これを受けてか、小倉さんは、

「私なんぞは、一番読まなきゃいけない作家さんかも」

と反省気味にこぼしていた。

小倉智昭さん