株式会社エイジェーインターブリッジ(本店:東京都中央区、代表:新木 弘明)は、2018年9月1日
古民家ホテル『西玖(さいく)』(石川県金沢市野町2-3-10)をオープンします。
当施設は、外国人観光客に人気のエリアとなる兼六園や武家屋敷跡など歴史ある観光名所からほどよい距離に位置し、賑わう街並みとゆったりとした暮らしを楽しめる古民家ホテルです。

江戸時代の風情溢れる街並み
金沢は、加賀100万石の城下町として発展し、江戸時代には江戸、大坂、京都に次ぐ規模の大都市として、武士の町、活気あふれる商人の町、城下を守る寺の町として栄えました。
当施設は、金沢を代表する観光地の1つである忍者寺(妙立寺)が建つ寺町寺院群と、にし茶屋街との間に位置し、北陸最大の繁華街と言われている片町から徒歩圏内という恵まれた立地に在ります。施設が面している通りは、100年以上続く和菓子屋や味噌屋が軒を連ね、老舗の薬局が大胆にリノベーションされた施設をつくるなど、金沢の新旧が入り混じっています。城下町の風情と日本の文化が美しく息づいている街並みや、受け継がれてきた伝統工芸品、美味しい食文化を堪能できるホテルです。
宿名の『西玖』にある「玖」は「時間をかけて磨かれてきた美しい石」という意味があり、町家も長い時間をかけて磨かれてきた文化の器になります。その伝統美に触れながら、金沢の“今”も感じられる洗練された空間です。

■昭和初期の雰囲気が漂うモダンな空間
建物は昭和初期に建てられた風格のある町家で1階正面にはティーラウンジが入り、座席はゆったりとくつろげるソファ席を設け、癒される“大人の空間”を楽しめるティーサロンになります。
客室は、「暮らすように旅する」というコンセプトのもと、2階に伝統的な雰囲気を活かした2部屋、1階にはそれぞれ個別の庭をもつ2部屋があります。金沢独特の艶やかな朱壁が際立ち、武家の文化が根付く加賀らしい堂々とした座敷、土色の壁や小さな小間に侘びた感性が漂い、金沢の粋が感じられる空間です。
また、各浴室にはヒノキ板を使用し、中庭は落ち着きある和の庭とオープンデッキの庭があります。2つのテイストの中庭空間には、紅葉やアセビ、白山木が植えられ、金沢の四季を感じながら、ゆったりとした癒しの時間を与えてくれます。館内には、金沢にゆかりのある作家による書やアート作品が飾られ、町家に新たなハーモニーを生み出します。古すぎず、奇もてらわない新旧文化の調和が心地よい、城下町金沢400百年の歴史を体感できる町家です。

■代表の海外経験から外国人観光客の要望を理解
当社は、京都・金沢を中心に80棟以上の古民家宿泊施設及びホテル等の企画・改修・開発・運営を行っています。
当社が携わっている宿泊施設は、海外のお客様のニーズや声を形に変え、またデザインにもこだわり、一棟貸し古民家宿泊施設からホテル等の大型宿泊施設もあるため、さまざまなシチュエーションで日本の伝統や文化を体感したい観光客に多く利用いただいています。
当社代表の新木は、16歳オーストラリアへ留学して現地の高校・大学を卒業しました。その後、ケアンズにあるシャングリラ ホテルマリーナ ケアンズでベルボーイの仕事をしていました。若くして日本を外から見たことで、日本の良さを理解し、海外の人たちが日本に何を楽しみに訪れるかということがわかるようになり、現在の施設づくりや宿泊客へのサービスは、その経験をもとに構築しています。
外国人観光客にとって魅力ある宿泊施設とは?」の答えとして考えたのは、京町家という日本の伝統的な家屋を利用した宿泊施設でした。建物自体から日本の伝統・文化を体感できるだけでなく、元々地元にある民家を利用することで、地元の暮らしも垣間見ることが出来ます。
減少傾向にある町家の保存・再生の進展のためには、改修だけではなく多くの人に利用してもらい、その取り組みが広く世界に知られることが非常に重要です。

株式会社エイジェーインターブリッジでは、2020年開催の東京オリンピックパラリンピックに向けてさらに外国人観光客が増加することを見込んで、多くの方に日本の良さを伝える宿泊施設の開設を進めてまいります。

【施設概要】
施設名:西玖(さいく)(SAIK
所在地:石川県金沢市野町2-3-10
TEL:076-205-3481
アクセス:JR金沢駅からタクシー約10分
利用人数:2名~5名/部屋
アメニティ:シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシ、カミソリ、コットンセット、くし、
ボディタオルハンドソープ、スリッパ、浴衣 他
設備:インターネット接続(無線LAN形式)、緑茶葉、電気ケトル、エアコン、ドライヤー、浴室(シャワー)
広さ:22.17m2~
料金:1泊15,000円~(2名で利用の場合)
ホームページhttps://www.saik-inn.com/

株式会社エイジェーインターブリッジ
代表取締役社長 新木 弘明(あらき ひろあき)

東京都出身。16歳からオーストラリア留学。現地の高校・大学を卒業後、シャングリラ
ホテルマリーナ ケアンズへ入社。世界各国のゲストへのサービスとマーケティングに従事。
帰国後、観光・宿泊を通じて日本の文化、素晴らしさを世界へ発信することを志す。
日本人外国人観光客が求めるものを日々探求し続け、2009年6月に株式会社エイジェー
インターブリッジを設立。そして京町家と出会い、町家の宿泊施設運営事業をスタートさせる。
現在は、京都、金沢、高山、東京で町家を含む宿泊施設の改修・開発・運営を80棟以上手掛
け、日本文化の発信拠点を増やし続けている。

【会社概要】
社名: 株式会社エイジェーインターブリッジ
代表: 新木 弘明
設立年月: 2009年6月
所在地:
<東京事務所(本店)>東京都中央区日本橋茅場町2丁目7番4号3階
<京都事務所京都府京都市下京区烏丸通五条下ル大坂町400番地 三善ビル7階東
ホームページhttp://www.aj-itb.com
事業内容: 宿泊施設運営業
宿泊施設の改修/開発コンサルティング事業











配信元企業:株式会社エイジェーインターブリッジ

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ