立川志らく

(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ

29日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)に、落語家の立川志らくが出演。高座以外にも俳優業や執筆活動など、さまざまな分野で人気を博している。

中でもテレビ出演が増えたことで、その痛快な毒舌ぶりが広く知られるようになった。番組では、そんな志らくが、テレビ界へ進出することとなったきっかけについて迫る。

■ブレイクタレント第1位

2017年上半期のブレイクタレント第1位(ニホンモニター調べ)にも輝き、テレビタレントとしての地位を確固たるものとした志らく。

本業の落語では、独演会を1度行なうだけで一般的なサラリーマンの給与数カ月分の収入が得られるのだと豪語する。月に10日も働けば、十分にいい暮らしができるのだという。

にもかかわらず他分野へ進出し、55歳という年齢にして休みなく働き続けているのには、もちろん明確な理由がある。番組では、志らくのとある1日に密着した。

■来る者は拒まない立川一門

立川志らく

(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ

総勢20名もの弟子を抱える志らくは、立川一門で最も弟子の人数が多いのだそう。というのも、「来る者は拒まず」の方針なのだとか。これには師匠・立川談志からの教えが、色濃く影響している。

「日本の大学は入るのが難しくて出るのが簡単。欧米の大学は入るのは簡単で出るのが難しい。それと同じで、来た者は入れちゃおうと。その代わり、出世するのは大変だよ」と志らく。「談志もそう(いう方針)だった」と説明した。

才能ある者、やる気のある者はいずれ必ず伸びる。しかし、まだ能力のない最初の時点で門戸を閉ざしてしまうと、その可能性を摘んでしまうことになる。であれば、とりあえず希望者は弟子に取ろうという考え方だ。

もちろん玉石混交にはなるだろうが、「弟子入りできただけで安心してしまう」タイプの人間を弾くことにもつながる。弟子自身の自己責任が問われる環境であり、慣習に盲従しない立川一門らしいスタンスと言えるだろう。

■「タレント落語」に協力的な理由とは

近年では、タレントなどが落語に挑戦するイベントに「見届け人」として参加している志らく。この日の密着ロケでは、東京・本多劇場で行われた『志らくに挑戦! はじめての落語』と銘打つイベントに潜入した。

大の鉄道好きとしても知られるミュージシャンの土屋玲央(RAG FAIR)が落語を披露し終えると、ステージに現れた志らくは「『子ほめ』(古典落語の演目)であれだけウケたのは、ここ30年くらい見たことがない」と土屋の落語をべた褒め。

落語の専門家として、修行もしていない素人が落語に手を出すことは不快ではないのか。番組スタッフの疑問に「全くないですね」と断言する志らく。「才能もない落語家が師匠ヅラしている方がよっぽど落語界にとって害悪」であるとバッサリだ。

■たけしの落語には誰も勝てない

立川志らく

(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ

「なんらかの才能がある人がやれば、テクニックはなくても面白い落語ができる」と持論を語り、ビートたけしが近年挑戦している落語にも、好意的な見解を示した。

「ものを分かっていない落語家は、たけしさんの落語を『上下(かみしも)が違っている』『仕草がおかしい』と非難する。だけど、たけしさんのあの人生をバックボーンに話されたら、並の落語家は誰も勝てませんよ」と最大級の賛辞を贈る。

「確かにテクニック的にはめちゃくちゃなんだけども、話の筋を知っている人情噺ですら泣けた。たけしさんが人情を語ったら、なまじの落語家では勝てない。勝てないからテクニックのところを責めるんですよ」と、たけしを酷評する落語家たちを痛烈に批判してみせた。

■テレビ出演は「親孝行」

師匠である談志は2011年に他界。そのニュースが世間を大きく騒がせたことで「売れているというのはすごいことなんだ」と実感した志らくは、「私がもっとテレビで売れていたら(談志は)どれだけ喜んだだろう」と自責の念に駆られたという。

そうした「親不孝」を穴埋めすべく、「テレビに出るべきだ」と考え直した志らく。「だから、どんなに忙しくても『梅ズバ』に出たい」とコメントし、スタジオを笑いに包んだ。

■次回は加藤登紀子が登場

梅沢富美男のズバッと聞きます!

(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ

次週9月5日の放送には、シンガーソングライターの加藤登紀子が登場。74歳で今なお精力的に活躍する元気の源に迫る。

・合わせて読みたい→村上佳菜子、最新家電35万円分を梅沢富美男パパにおねだり

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

立川志らく、落語界を痛烈批判 「ビートたけしの落語の方がはるかに面白い」