ボルト8月31日の豪セントラル・コースト選抜とのプレシーズンマッチで選手デビュー

 陸上男子100メートル世界記録保持者のウサイン・ボルトは現地時間8月31日オーストラリア1部セントラル・コースト・マリナーズの一員としてサッカー選手デビューを果たした。約20分間の出場でチャンスにも絡んだなか、ファンの間では「ルカクになれるかも」「彼はもう速くない」と賛否両論となっている。

 ボルトオーストラリア1部Aリーグのセントラル・コースト・マリナーズに練習生として参加。31日のセントラル・コースト選抜とのプレーシーズンマッチに出場した。

 ベンチスタートとなった“人類最速男”に出番が回ってきたのは後半26分。ピッチに足に足を踏み入れると、9958人の観客で埋め尽くされたスタジアムは大歓声に包まれた。

 ファーストタッチはその2分後、左ウイングに入り最終ラインの間を斜めに抜け出したところに味方のスルーパスが飛んできたが、右腰付近に当たってボールキープできず。ボルト自身も思わず苦笑いを浮かべた。

 後半38分には左サイドでドリブルを仕掛け、1人目のマーカーはかわしたが、2人目に弾かれてこぼれ球となったが、長い足でボールキープし、左サイドにパスを捌いた。そして後半アディショナルタイム、右サイドをえぐった見方からの折り返しにファーサイドへ飛び込んだが、わずかに間に合わずシュートを放てなかった。


ベストに持っていくにはおそらく4~5カ月かかるだろうが…」

 それでも、デビュー戦で何度も会場を沸かした陸上界のスーパースターを、オーストラリア神「The Australian」は「立派なデビュー」と速報。「できればもっとボールを触りたかったけど、僕はまだフィットできていないからね。チームの中に入って、スピードアップする必要がある。ベストに持っていくにはおそらく4~5カ月かかるだろうが、2カ月でフィットしたい」と試合後にボルトが語ったコメントも紹介している。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」も公式ツイッターボルトプレー動画を公開したが、コメント欄は「トラックフィールドナイスな挑戦だ」「ルカクになれるかも」と新たな挑戦を好意的に捉える声の一方で、「彼はもう速くない」「彼は得点チャンスをも通過した」「左足がないのが致命的」「彼は7人制ラグビーをやるべきだ」と厳しい意見も多数寄せられた。

 果たして、ボルトサッカー選手としての第二の人生を成功させられるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

サッカー選手としてデビューしたウサイン・ボルト【写真:Getty Images】