ニート・長期ひきこもり・無職者に社会復帰の機会を創出する日本社会復帰大学3月3日に設立された。ネタではなく、通信制大学の八洲学園大学と提携して設立された学習支援の大学である。内容としては、八洲学園大学の講座を、半年間、1科目だけ履修することによって社会復帰のステップを模索するというもの。

また、ホームページには以下のようなことが掲げられている。

****
八洲学園大学専任教員による週1回90分、全15回の通信授業を、共に学ぶバーチャルお姉さんメール等で毎時間フォローするサポートを行います。また、SNSを利用した仮想教室を運営し、望む方には同じ立場の人間関係を構築致します。
****

バーチャルお姉さん”や“SNSを利用した仮想教室”など気になるサービスも満載だ。授業には八洲学園大学のeラーニングシステムが使われ、インターネット上で配信される双方向ライブ授業での受講となる。日本全国どの地域からでも、家にいながらにして受講可能なのである。

学費は半年間の合計で7万5000円とお手頃だ。日本社会復帰大学修了後は、そのまま八洲学園大学の正科生として学習を継続することもできる。今なら、設立キャンペーンとして先着50名に教科書支給の特典もつく。さらに、なんと八洲学園大学の学生証が発行されるので、学割が使えるようになるのだ。これはもう入学するしかない!?

なお、第1期生50名は現在募集中で、2011年3月16日締切とのこと。

日本社会復帰大学

http://www.ar-ltd.co.jp/support/

※この原稿はガジェット通信一芸記者「西嶋一泰」さんが執筆しました。

●西嶋一泰さんプロフィール:ガジェット大好きサブカル大学院生。専門は民俗芸能で、デジモノやアニメとともに、日本各地の祭りや踊りの記事をお届けします。各種イベントやシンポジウムの体験記事も書いていきたいです。