2012年に会津風雅堂で世界初演した新作オペラ「白虎」が2018年7月28日と29日、6年ぶりの再演を成功させた。

JBpressですべての写真や図表を見る

 6年の間に「白虎」は、人々の心の中で着実に育っていた。

 私は2006年、「エンジン01文化戦略会議のオープンカレッジ」で初めて会津を訪れ、「文化振興に力を合わせたい」と願う若い人々と知り合った。

 最初は地元出身の指揮者で、かねて親しかった佐藤正浩さんの支援態勢を整え、起業家の宮澤洋一さんを旗振り役に担ぎ出した。

 しばらくオペラの入門編コンサートを続けるうち「本格的なオペラをつくりたい」「会津なら白虎隊が題材だろう」と話が膨らんだ。

 音楽ジャーナリストの立場で全国の日本語創作オペラを取材して痛感したのは、

(1)行政に頼りすぎると合議制の制作実行委員会が知名度、年齢重視でオペラの経験に乏しい大家に委嘱しがち

(2)地元のごく一部しか知らない民話や伝説の説明に終始して普遍性を欠く

 などの事情で(はっきり言って)面白くない作品ばかりという惨状だった。

 「会津では、この轍を踏むまい」と考え、独断で加藤昌則さんを作曲、その東京藝術大学時代からのコラボレーターで歌曲や合唱曲の詩を書きながら、本業は東京二期会バリトン歌手の宮本益光さんを台本に指名した。

 演出は佐藤さんの日本デビュー以来の盟友、岩田達宗さんで決まり。台本、作曲、演出、指揮の4者が同時にそろい、創作に臨んだ。

 だらだらと物語を追うのではなく、美しく詩的な日本語で普遍の真理を問う宮本さんの台本、生気と起伏に富む加藤さんの音楽は合唱王国・会津の底力にも支えられ、ダイレクトに観る者の胸を打つ。

 「生あってこその死、死あってこその生」と説くフィナーレは、世界のすべてに向けたメッセージだ。

 再演では病を得て早世したテノール歌手の経種廉彦さんに代わって150年前の戊辰戦争の敵方、長州(山口県)出身の藤田卓也さんが飯沼貞吉役に全身全霊の絶唱を披露し、深い感動をもたらした。

 音楽による和解の力を、まじまじと見せつけた瞬間だった。これからの「白虎」は会津の中と同時に全国、世界へと歩みを進めていく。

(池田卓夫=オペラ「白虎」エグゼクティブプロデューサー

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  歴史的変革期を迎えた日本の教育

[関連記事]

日本全国に広がる熱中小学校ネットワーク

日本で最も豊かな農村、よそ者使いさらに進化

会津で7月に公演されたオペラ「白虎」のワンシーン