9月7日に放送された「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)は、不規則な生活を送る人気芸人たちの体を徹底調査する「ロンハー健康診断」。3年ぶりに行われた健康診断で、千鳥・大悟が参加メンバーダントツ1位の「口臭王」であることが判明した。

【写真を見る】ドブ、おなら、イカ、ゴミ箱、タバコの吸い殻を全部混ぜたようなにおいと酷評された千鳥大悟

40代半ばを迎えた司会のロンドンブーツ1号2号田村淳(44歳)と田村亮(46歳)、有吉弘行(44歳)、カンニング竹山(47歳)、山崎弘也(42歳)、千鳥の大悟(38歳)とノブ(38歳)、松尾駿(36歳)、カズレーザー(34歳)の超多忙な平均年齢41歳の芸人たちが参加した今回の健康診断。

中でも、呼気、口腔内、鼻腔内の生体ガスを測定する口臭チェックでは、検査した先生から、ほとんど無臭に近い良い3人、普通の3人、ちょっと悪い2人、すごく悪い1人が発表され、口臭ランキングを作成した。

まずは良い3人。1位はカズレーザー、2位はチョコプラ松尾、3位はカンニング竹山で、先生は「キスするところまで近づいても分からない(臭わない)」と太鼓判を押した。

次に普通の3人。4位はロンブー淳、5位はロンブー亮、6位は有吉が発表され、いよいよ残りの悪いグループ

悪い7位は、千鳥・ノブ、8位はザキヤマ、そして最後とっても悪い9位は、大悟という結果に。

先生からは「もういろんなにおいが入り混じってまして、まずドブのにおいにおならのにおいをちょっと加えて、イカのにおいもちょっとさせて、ゴミ箱のにおいもちょっと加算して、タバコの吸い殻もちょっと混じってる。全部混ぜたような」とにおいの種類が告げられた。

さらに先生から、ヘビースモーカーであることを指摘され「タバコでのどが慢性的な炎症を起こし、(その青クサイにおいが)イカのようなにおいがしたり」とその理由が説明されると、大悟はノブと2人で“シンプルに口がクサイ“のネタのオチを“イカ2貫“に変えたネタを披露。

最後に大悟は「(今まで)何を言われても私生活を正そうとは思わんかったけど、酒とタバコやめようかな…」と、自身の口臭のひどさから弱音を吐いて、参加メンバーの笑いを誘っていた。

次回の「金曜★ロンドンハーツ」は9月28日(金)、3時間SPを放送予定。(ザテレビジョン

44歳の田村淳をはじめ平均年齢41歳の人気芸人たちが健康診断を受診