大工

(sculpies/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

サラリーマンにとって、「マイホームを建てる」ことは夢のひとつ。完成した家を見たとき、達成感を覚えるものだ。そんな夢を汚されるような事案が兵庫県で発生していたことがわかった。

■建築作業員が「ドラえもんの落書き」

被害を受けたのは兵庫県内に住む男性。2013年2月、自宅の新築工事を建築会社に依頼し、7月に建築中の現場を視察に訪れる。すると玄関の基礎部分にドラえもんの絵が落書きされている様子を発見。下請け業者の作業員が書いたものだという。

フジ住宅は落書きを消したうえで、家を完成させる。しかし男性の怒りは収まらなかったようで、「神聖な基礎部分への落書きで侮辱され、精神的苦痛を受けた」として今年5月、150万円の慰謝料を求め提訴した。

■建築会社は反論も和解

建築会社側は落書きについて、非は認めたうえで「落書き部分は完成時に見えなくなる場所だった」と弁明。

そして男性が精神的苦痛を受けていると主張したことについては「一般的にドラえもんに差別的な意図はない。作業員に悪気はなく、精神的苦痛は小さい」などと反論した。

ドラえもん』の作者藤子・F・不二雄さんもびっくりの裁判は、8月31日付でフジ住宅が男性に30万円を支払うことで和解したことが判明。一応の決着を見た。

■ネット民は怒りの声

和解が伝えられたものの、作業員のプロと思えぬありえない行動に、ネット民はから怒りの声が噴出している。

「見えなくなるところにも心をこめて作るべき。仕事に対する意識の低さを表しているし、お客様をバカにしている」

「大工にとっては遊び心のつもりかもしれないが、家を作らせている人間が落書きを見て良い気がするわけがない」

「差別的な意図はなく、悪気がなければ落書きをしてもいいのか、酷すぎる」

「こんな不動産会社は信用できない」

「せっかく家を建てたのにずっと嫌な記憶が残ってしまう。気の毒

「『こんなこといいな、できたらいいな』とか歌ってたとしたら本当に悪質。人の夢をなんだと思ってるんだ。許せない」

■不動産会社に「騙された」人は一定数存在

持ち家や賃貸など、家を買う・借りる際には当然ながら不動産会社に対応を依頼することになる。信頼が第一の業界だけに、今回のようなケースは稀だと思われるが、なかにはその対応に憤りを感じ、「騙された」と感じることも。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20代~60代までの引っ越し経験者1,089名に「引っ越しをして不動産会社に騙されたと感じたことがあるか」を聞いた調査では17.1%が「ある」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

真面目に営業・建築している不動産会社や建築作業員がほとんどだと思われるが、なかには悪ふざけをする者もいる様子。利用者としては、注意深く業者を選ぶ必要がある。

・合わせて読みたい→交番の壁に落書きして逮捕された19歳少年 「間違ってない」の声が出たワケ

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年2月24日2017年2月27日
対象:全国20代~60代の引っ越し経験者1089名(有効回答数)

建築中の家に作業員がドラえもんの落書き 「差別的意図ない」の弁明に怒りの声