テックビューロホールディングス株式会社は、当社が「mijin v.2 (Catapult)」を提供、技術支援を行う9月開催の国際的なイベント「FIN/SUM 2018 & REG/SUM」(主催:金融庁日本経済新聞社)で実施される「Regulatory Sandbox* Ideathon」に関するアイデアの一般募集を9月12日付で終了し、国内外から60件を超える多くの法人・個人から応募を受け付けましたことをお知らせいたします。
報道関係者各位

テックビューロホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロホールディングス」または「当社」)は、当社が「mijin v.2 (Catapult)」を提供、技術支援を行う9月開催の国際的なイベント「FIN/SUM 2018 & REG/SUM」(主催:金融庁日本経済新聞社)で実施される「Regulatory Sandbox* Ideathon」に関するアイデアの一般募集を9月12日付で終了し、国内外から60件を超える多くの法人・個人から応募を受け付けましたことをお知らせいたします。
*Regulatory Sandbox:生産性向上特別措置法の制定により導入された新技術等実証実験制度

アイデアソンには、国内外の有名企業やスタートアップ企業、学生など幅広い方々から多数の応募をいただき、非常にハイレベルな見応えのあるコンテストとなることが予想されます。授賞式では当社オリジナル賞の設置も予定しています。IoTやAIなど先端テクノロジーとの融合を実現した世界最先端の汎用型ブロックチェーン製品「mijin v.2 (Catapult)」を活用した独創性、新規性豊かな高付加価値を創出する可能性のあるビジネスモデルが生まれ、迅速な実証と社会実装が実現できることを期待しています。

今後のスケジュール
■ FIN/SUM 2018 & REG/SUM について
FIN/SUM (Fintech Summit) は、日本におけるフィンテックの現状と潜在力を世界に発信するとともに、日本をハブにしたグローバルなスタートアップエコシステムの構築を目指した国際的なイベントで、昨年に続き、東京丸の内、大手町を舞台に開催。2018年は、さらにREG/SUM (Regtech Summit) を包含し、「競争と協調」をテーマに実施。
<開催概要>
タイトル:FIN/SUM 2018 & REG/SUM:競争と協調
主 催 :金融庁日本経済新聞
特別協賛:三菱地所
後 援 :日本銀行、全国銀行協会ほか
日 程 :2018年9月25日(火)~28日(金)
会 場 :丸ビル、新丸ビル、3x3 Lab Future ほか
内 容 :シンポジウム、展示、ワークショップサンドボックスアイデアソンほか
来場者数:約10,000人
公式サイトhttp://finsum.jp/ja/

mijin について
mijin」は、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェアです。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境が構築できる他、実質的なゼロダウンタイム環境を実現します。「mijin」は「NEM」のコア開発者が当社に合流して開発した、金融機関から電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで、幅広くご利用頂ける、「NEMプロトコル」を採用した汎用型のプライベートブロックチェーン製品です。

◼︎ テックビューロホールディングスグループについて ( https://techbureau.com/
テックビューロホールディングスグループは、日本、北米、欧州に拠点を置き、仮想通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。
プライベート・ブロックチェーン製品「mijin」と仮想通貨取引所「Zaif」や、トークンの発行販売を用いた資金調達ソリューション「COMSA」など、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

詳しくは以下URLをご覧ください。 ※本文中の商品名は、テックビューロホールディングスの商標または登録商標です。

配信元企業:テックビューロ ホールディングス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ