女優の佐藤仁美が、8月28日に発売された週刊誌FLASH」(光文社)のグラビアに登場。プライベートジム「RIZAPライザップ)」のCMで見せた、磨きに磨いた美ボディを露出多めの姿で披露し、絶賛の声が相次いだ。

 同CM出演のため、7カ月でウェスト24.5cm、体重を14.8kg落とすことに成功したという佐藤。今年4月から放映開始されたCMでは、お腹がたるみきったビフォーと、すっきりスリムになったアフターとの比較映像が話題を集めた。

「“奇跡のBODY”と銘打たれた今回のグラビアで佐藤は、ビキニランジェリー姿を披露しました。くっきりくびれウエストに脚線美と、現在38歳とは思えぬ美しいボディラインに対し、男性はおろか女性からも称賛の声が寄せられ、ライザップの広告塔として抜群の訴求力を発揮しているようですね」(芸能関係者)

 また、ビキニショットに関しては、1996年に発売した1st写真集『Bless You…!』(近代映画社)の“リメイク”となったため、従来のファンを楽しませることになった。

「今回のグラビア撮影にあたり、佐藤の方から同写真集のカメラマン・根本好伸氏にオファーを出したとのことですが、22年ぶりの再会を祝してか、テンガロンハットをかぶり、拳銃を手にしたウェスタン風のビキニショットを再現することになったようですね。当時16歳だった佐藤が写るオリジナルの写真も一緒に掲載されましたが、『ほとんど遜色ない』『色気が増した分、今の方が魅力的かも』などと、ファンからは驚きと喜びの声が相次いだようです」(同)

 同誌のインタビューでは根本氏から、「大人の、女性らしい体になりましたよね」と絶賛された佐藤。これに対して、「グラビアはこれで封印です」と返したが、22年ぶりの写真集リリースを期待したいところだ。

「SmartFLASH」(光文社)より