どうもあかりです。
付き合いたては常に「好き好き」と言い合っていて超ラブラブだったカップルが、数カ月後には意外とあっさり別れてしまっていたり、逆にあまり普段ラブラブアピールをしてなかったカップルの方が、意外と最終的に《長続きするカップル》になってたりしますよね。それは《シンプル交際》がうまくいっているからかもしれません。愛の熱が上がったり下がったりするよりも、常に落ち着いているほうが、案外居心地がよかったりします。長くゆったり安定したお付き合いたいをしたい人にオススメのとっておきの秘訣、《シンプル交際法》を今日はご紹介してみたいと思います。


■結局、長続きするカップルは「好き」の一言が一番重要だった

多くを語らず、素直な「好き」が彼に一番響くということです。最終的に、長続きさせるために最も重要なのは彼との信頼関係だったりします。その信頼関係を築くためには、お互いが素直で正直にいることが大切なんです。「仕事と私とどっちが大事?」と聞かれた男子が彼女に愛想をつかす例のシーンがあるけど、あれはまさに「好き」以上に「仕事より優先」という重しを背負うことを求めているから、彼氏がそれに耐えきれなくなってしまっているんです。学生のうちは、結構暇で元気もあるのでひょっとしたら「好き」以上のことでも背負うことができる時間と体力があるかもしれません。だけど社会人になれば、時間的にも体力的にも、「好き」でいるので(付き合っているので)精いっぱいなんです。 同じ「好き」を言わせるなら、「好き」「俺も好きだよ」の会話のほうが、彼に負担もかけず、お互いの気持ちを確認できるのでは?こう考えてみると、「私たち好きだよね」「うん、好きだね」という必要最低限の共通認識だけがあるシンプル交際をしているカップルというのは、かなり不安定なように見えて、実はとても安定しているんだということがわかってきます。


■長続きカップルは、自分を大切にする。

お互いが自立している年齢になってくると、「自分の時間は相手のためだけに」なんてことはできません。友達との付き合い、仕事の付き合いと両立できるカップルは、自分をコントロールすることが上手なので、自然と二人の距離感も保つことができます。《つかず離れず。本当に困った時のパートナー》くらいが、プライベートも大切にできてお互い楽なのかも。また、自分の趣味を見つけることも効果的。自分の打ち込めることを探すことで、彼がいなくても自分を持つことができます、男性側からしても、頑張っている女性は魅力的ですし、活き活きしている姿を見て応援したくなること間違いなしです。


■長続きカップルLINE事情

長続きカップルの連絡事情気になりませんか?先ほどの話にもありましたが、お互いの時間を大切にすることって、とても重要なんです。即レスラインを求めたり、毎日の電話を求めたりするのは、いつか疲れちゃうかも。
意外と「LINEは一日数回」のカップルが半分以上。そして主に短文だそう。確かに長文のラインは返すもにも時間がかかりますし、返す気力も失われてしましそうですよね。絵文字たっぷりの長文LINEよりも、完結な短文やスタンプくらいがLINEも二人の関係も長く続きそうですね。「すぐ返してよ」と相手に強要するよりも、「彼からくるラインがご褒美」とポジティブに捉えられていいかもしれません。


■彼を信じるためにやっておきたいこと

単純に「彼を信頼して、好きの一言にとどめましょう」というのはかなり難しいです。信頼するには、まずは自分に自信を持ち、好きになること。そして彼との絆を深めることが大切です。自分の時間を大切にして、友達と遊んだり、趣味に時間をかけたり。充実している女性を彼はきっと魅力を感じてくれます。そして何よりも、彼と素直に向き合い、嘘偽りのない関係でいること。小さな嘘の積み重ねなど、彼に後ろめたいことがあるときっと関係はいつか悪くなってしまいます。素の自分を好きになり、好きになってもらえば、自分に自信が持てるし、彼に対して多くを求めず愛しあえるはず。「好き」をルールや、束縛や、誓いの形で具現化してみると、「ふたりの気持ちがそれだけ大きくて、強いってことだ」と実感することができちゃうような気がするんだけど、実際にはどうかなという感じです。そういうものに頼らず、少し不安に感じるかもしれないんだけど、シンプルに「好き」という気持ちだけをふたりの支えに、合言葉にして付き合っていくスタイルが、結果的に一番いいんじゃないかなと思うわけです。(遣水あかり/ライタ-)
(ハウコレ編集部)

「好きだよね」の確認が安定の秘訣。長続きするカップルがやってる《シンプル交際》