野生生物を撃ち殺すハンティングについては賛否両論あるが、このほどアメリカに住む夫妻が息子を連れて家族で狩猟に参加しているニュースが『Metro』などで伝えられた。母親は狩猟について批判する人々に対して、「家族の絆が深まる」と反論している。

ノースカロライナバーンズヴィルに住むアシュリーマーフィーさん(31歳)は、父親と祖父が狩猟に熱心という家庭で育ったが、自身はまるで興味がなかった。しかし高校時代に出会ったブランドンさん(33歳)の影響で、狩猟についての考え方が大きく変わった。

4年の交際を経て結婚11年になる夫ブランドンさんは狩猟ブローカー事業を営んでおり、年中カナダアルゼンチンなどを訪れ、狩猟に参加している。息子ブライソン君が生まれてからは、一緒に狩猟をすることが彼の夢でもあった。そして現在、8歳になったブライソン君は昨年から父親と一緒に狩猟に参加し、実際に銃を手にして野生動物をハンティングしている。

「これまで既に4頭もの獲物を倒した息子は、今や射撃の名手です。」

そう語るアシュリーさんは歯科助手の仕事をする傍ら、仕事がない時は夫や息子と一緒に狩猟に参加し、先月には家族で初めて南アフリカに行き、自分の手で獲物となるブラック・スプリングボックを仕留めた。普段からハイキングや釣りなどのアウトドアが大好きなアシュリーさんは、狩猟に対して世間の意見が賛否両論あることを十分理解したうえで、このように話している。

「息子は、エンターテインメントコンピュータソーシャルメディアに頼ってはいません。父親と一緒に狩猟に参加して、お金では買えない貴重な経験をしています。狩猟は、保全と自給自足を学ぶとても大切な授業です。土地を守るために必要なことや私たちが持っているものを尊重することの大切さを教えてくれるからです。息子には狩猟時に注意すべきことを父親がしっかりと教えています。狩猟をすることで、銃の安全な使い方を身につけさせることもできるし、もちろん野生動物へのリスペクトも学ぶことができます。そして何より、狩猟を通して私たちは家族の絆を深めています。」

アシュリーさん自身も、狩猟を通して得たことは大きいという。

「私たちは、ただ動物を殺しているというだけではありません。狩猟にはもっと大きな意味があります。狩猟から得た獲物を、食糧として必要とする人々に寄付することができます。そうした団体があることを知った時、私も協力したいと思いました。世界の飢えをなくすために、狩猟がいかに大切なのかを私は学びました。ハンターの中には何でも撃ち殺してしまう人がいますが、そういう人たちは真のハンターではないし、私たちの印象を悪くしています。私たちはあくまでも食糧のために狩猟を行い、土地や動物を敬っています。狩猟に反対する人がいるのは理解できますが、狩猟で得た獲物を食べることで子供たちが空腹にならずに済み、獲物を寄付することで他人を助けているのです。ただの楽しみのためにやっているのではありません。」

ブライソン君は、今では異なる動物の鳴き声を聞き分けることもでき、森の中に入ることも恐怖を感じないそうだ。幼い頃から狩猟の経験をし、自然を敬い命に感謝することを学んでいるブライソン君を誇りに思うアシュリーさんは、自身も狩猟が大好きになり、野生生物についてもっと学ぶことができることを喜びに感じているという。最近ではその様子をInstagramでも公開しているそうだ。

このニュースを知った人からは「野生生物について本当に敬う気持ちがあるのなら、動物を殺さなくても他に学ぶべき方法はあるはず。狩猟が家族の絆を深めると言っているけど、狩猟だけが家族の絆を深めるというのも問題なのでは?」「家族で動物殺して絆もなにもないでしょ」「いや、この家族はしっかりした考えをもって狩猟をしているから、別にいいのでは?」「こういうことで絆を育んでいる家族って、殺す動物がいなくなったらどうなるんだろう」「生きるための狩猟は理解できるけど、それ以外は反対だな」「別に誇りに思うことでもないでしょ」「撃ち殺した動物と一緒に笑顔で写真に写る人を見たら吐き気がする」といった声があがっている。

画像は『Metro 2018年9月11日付「Mum lets son, 8, shoot wild animals because it’s great for ‘family bonding’ 」(Picture: PA Real Life/Collect)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト