大企業の「スマート・スピーカー」開発がアツい昨今ですが、米国テクノロジー企業 “Oz Robotics” が、一風変わったスマート花瓶?の「ビリービリー」を開発しました。

この緑色の彼、海外で「わりとキモい」と話題になっているようです。

PV動画は、生涯の伴侶を亡くしてしまったお婆さん主人公。動画クォリティが高く、商品と動画のテンションが違いすぎるのが気になります。

何をするにも浮かない顔のお婆さんは、寂しそうにつぶやきます。

「孤独に慣れることなんてないわ…」

「こんなに寂しい思いをするならいっそ忘れたいー。」

そう語るお婆さんですが、そこに孫からの思いがけない「プレゼント」が届きます。そう、彼こそが「ビリービリー」です。(娘さんはなぜ彼を選んだのか…)

ぎこちない対面を果たしたお婆さんに、彼が語りかけます。

「ハロー、僕はビリービリー」(渋い男性の声)

動画のクオリティに騙されそうになりますが、この時点で割とホラーです。

さっそくビリービリーに種を植えるお婆さん

そして彼の本領発揮はここから。さすが「スマート花瓶」なだけあり、自分で「水やり時間」をお知らせします。

「あのー、水いただけますか?」(ほっぺピカー)

そして嬉しそうに水をあげるお婆さん

十分に水をもらったビリービリーは、お礼を言うだけではありません。

ありがとう、もう十分。あと、薬を飲み忘れちゃいけないよ」(ほっぺピカー)

思いがけない薬のリマインドにお婆さんもこの表情。

感動したお婆さんは、彼に「ベストポジション」を与えます。

よく見ると、死んだ「お爺さん」の隣にビリービリーの姿が。お爺さんビリービリーが似ているのは気のせい…?

そして設定すれば、外部からのメッセージビリービリーが受信して、内容を音読してくれます。

ここではお孫さんが「お誘いメッセージ」を送信。なぜかバイク運転中。

暗闇の中で、死んだお爺さんを尻目にビリービリーが口を開きます。

「お孫さんからメッセージが届いています。『明日ビーチに散歩に行かない?』」(ほっぺピカー)

そして孫とのデートを楽しむお婆さん。天気も彼に尋ねて「晴れ」とのお墨付きをもらいました。

こうしてビリービリーによって豊かな暮らしを手に入れたお婆さん

最後には名言が飛び出します。

Who cares? Billy Billy cares.(誰も気にしてない?いいえ、ビリービリーが気にかけてくれるわ)』

 

気になるお値段は$340(約38,000円)。孤独が和らぐとすれば安いものかも?ちょっとキモいですが、そこも慣れれば可愛いものです。

あなたの大切なお婆様にもぜひ1瓶、いかがでしょうか。

Billy Billy A Talking Interactive Flowerpot!

超能力者ごっこ待ったなし。未来感たっぷりな浮遊するおもちゃ「エアロノヴァ」が発売決定!

 

via: youtube / translated & text by なかしー

 

「未亡人向けスマート花瓶」という謎の花瓶が「キモい」と話題に