💡ここがポイント

●『フリーメイソン』という秘密結社に潜入した過去がある潜入ライターが登場。
●会合に参加した時には、すでに自身の素性が知られていたという。
●また、入会試験は「4か国語が合わさった言語で出題された」という経験も語った。

 8月29日、潜入ライターとして活躍するニポポ氏@tongarikids)による「ニポポのニコ論壇時評」が放送。

 不思議科学、UFOオカルトなど、知的好奇心を刺激するニュースを多岐にわたって配信するニュースメディアTOCANA』編集長の角由紀子氏ゲストに迎え、平成に起きたオカルトな出来事を総ざらいしました。

 本記事では、ニポポ氏も過去に接触したことがあるという謎の秘密結社「フリーメイソン」について、徹底解剖した内容をお届けします。

フリーメイソン』のシンボルマーク
(画像はフリーメイソン – Wikipediaより)

―あわせて読みたい―

『月刊ムー』と『TOCANA』の編集長が語る超陰謀論・超ヤバイ話 「GW直前の事件は“陰謀”!?」「国連で気象兵器が規制」

なぜオウム真理教に?元信者が入信のきっかけを語る「僕がオウムと接点を持ったのは”朝まで生テレビ”に出演してたあたり」


オカルトのネット進出とフリーメイソン

左からニポポ氏角由紀子氏

ニポポ:
 オカルトネットの親和性ってどうですか。

角田:
 良くも悪くもある、という感じですね。やっぱり2010年オカルト、特にネット全盛期の時代になって、更に加速したな、という。

ニポポ:
 オカルトが加速をしたと。

角田:
 都市伝説系は特にそうですね。いろんな人が自分の地元の都市伝説を語るようになってきて。

ニポポ:
 都市伝説に関しては、TVパワーとかも使いながら、調査に行ったりとかもやっていましたよね。ダ・ヴィンチの絵を調べに行ったりとか。

角田: 
 フリーメイソンにインタビューに行ったりとか。

ニポポ:
 僕、破門になっちゃったけど、フリーメイソンに行ったことがあるんですよ(笑)

角田:
 そうなんですか。

ニポポ:
 入会のテストまでは行ってないですけどね。フリーメイソンは、外に対して情報発信したらいけないんですよ。

角田:
 そうですよね。

ニポポ:
 それを僕もやっちゃったから、「もう来ないで下さい」と言われました。

角田: 
 フリーメイソンの入会の試験って、日本語じゃないらしいじゃないですか。

ニポポ:
 はい。メイソン独自の言語です。英語やヘブライ語など、4つくらいが合わさったような特別な言語で、それを覚えて、理念のようなものを「ここからここまでは絶対覚えて、暗唱して下さい」と言われる。

角田:
 そうですよね。

ニポポ:
 そして、僕は「今日、フリーメイソンに行ってきました」というようなことをTwitterか何かに書いてしまって。

角田:
 それでもうダメなんですか?

ニポポ:
 そうなんですよ。

角田:
 でも、行かなくてよかったかも。私のメイソンの知り合いは、破門になる際に銃殺されたという……。

ニポポ: 
 え? 本当に?

角田:
 噂ですけどね。

ニポポ:
 そういった怖い面もありますよね。

フィリピンはフリーメイソンメンバーでなければ国家権力に介入できない

ニポポ:
 日本のフリーメイソンって、どこかゆるいところがあって、今、フィリピンの系列から来てるメイソンが一番強いらしくて。

角田:
 そうなんですか? それ、面白いですね。

ニポポ:
 だから、フィリピンを経由し、日本に来てるメイソンというのは全部米軍キャンプに行く、という。

角田: 
 そうですよね。

ニポポ:
 フィリピンは未だに、例えば国家権力の中枢に介入していくには、メイソンメンバーでなければ入れない。

角田:
 すごい、そうなんですね。じゃあ、フィリピンのドゥテルテ大統領もメイソンなんですか?

ニポポ:
 おそらく。

角田:
 本当に? 荒れますね、メイソン。

ニポポ:
 荒れますね。