ヤマハ発動機9月14日2017年に生産を終了した二輪車SR400」を復活させ、新モデル11月22日に発売すると発表した。発売40周年を記念した特別モデルSR400 40th Anniversary Edition」も500台限定で同時発売する。

【その他の画像】

 新SR400」は、心地よい鼓動感のビッグシングルエンジンシンプルかつ美しいスタイリングキックスターター方式など、1978年に発売された初代モデルの特徴を受け継いでいる。

 音解析技術を駆使し、低音と切れの良さを向上させた新マフラーを新たに搭載したほか、蒸発したガソリンの排出量を低減するキャニスターなども採用。欧州の排出ガス規制EURO4」に沿って策定された「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合した環境を持たせている。

 カラーリングは、ブラックとメッキの金属感を調和させた「ヤマハブラック」、カジュアルな印を与える「グレーイッシュブルーメタリック4」の2色。価格は572400円(税込、以下同)で、年間販売計画は1000台。

 「SR400 40th Anniversary Edition」は、職人の手作業による“ぼかし塗装”を施したフューエルタンク、サイドカバー用の電鋳SRエンブレムちゅう音叉エンブレムなど、独自のデザインを採用。「SR歴史世界観が凝縮されたモデル」としている。

 カラーリングは、新色の「ベリーダークオレンジメタリック1」のみ。価格は69万1200円で、500台限定で販売する。

新型「SR400」(=ニュースリリースより)