千葉市稲毛区の居酒屋で5月、同区に住む家族4人が切り付けられ長女の幼稚園児=当時(6)=が死亡した事件で、殺人などの容疑で逮捕、送検された元千葉市議の男性(46)について千葉地検は14日、事件当時、心神喪失状態だったとして不起訴処分とした。

 鑑定留置の結果、刑事責任能力を問えないと判断した。医療観察の申し立てを千葉地裁に行い、同日付で医療を受けさせるための入院が決定した。

 5月13日夜、男性が親類の家族4人と居酒屋で食事をしていた際、持参した包丁で4人を相次いで切り付け、女児が死亡し、女児の両親と妹に重軽傷を負わせた。