ブラジルフットサルリーグで衝撃的な事件が発生 英紙も「残忍な攻撃」と報道

 ブラジルフットサルリーグで衝撃的な事件が起きた。判定に激怒した選手が主審を小突いて倒すと、頭部を思い切り蹴って頭蓋骨を骨折させるほどのキックお見舞い。主審がそのまま病院に運ばれると、選手も即材に逮捕される事態に発展した。「命を脅かす恐ろしい瞬間」と英紙「ザ・サン」などが一斉に報じている。

 フルミネンセ・デ・バイーアとアトレチコ・ブラジリエンセの一戦で悲劇は起きた。試合中、ブラジリエンセのアルシオーネ・マルセリーノが判定に対して不満を露わにし、マークノゲイラ主審を突き飛ばして床に倒す。即座に間合いを詰めたマルセリーノが、まるでシュートするかのように右足を振り抜き、ノゲイラ主審の頭部をキック。その右足が頭を直撃し、主審は悶絶するなか、両軍の選手が入り乱れる事態となった。

「衝撃的な事件により16分間中断された」と報じたのは英紙「ザ・サン」だ。その瞬間を捉えた映像を公開すると、「命を脅かす恐ろしい瞬間」と記し、「残忍な攻撃でレフェリーが病院に運ばれた後、スターが逮捕された」と報じている。

 記事では「恐ろしい事件。ノゲイラ(主審)は命を脅かす可能性のある怪我を負っている」と説明し、検査の結果、頭蓋骨に亀裂が入る骨折が判明した。ノゲイラ氏の弁護士は「この負傷は深刻で、生命を脅かす危険性もある」と証言しており、頭蓋骨骨折の大怪我を追った主審は経過観察になるという。一方、暴行を働いたマルセリーノはユニフォームを着たまま連行されたが、現在は釈放されており、事件の捜査結果を待つことになる。

 ブラジルで起きた衝撃の暴行事件は大きな波紋を呼びそうだ。


Football ZONE web編集部)

ブラジルのフットサルリーグで衝撃的な事件が起きた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】