「災害時、自衛隊は被災者への配慮のため炊き出しを食べずに、冷たい缶詰を食べるのが原則である」――そんなうわさがSNS拡散され、北海道胆振東部地震でも支援にあたっている自衛隊員の体調を心配するや、過剰な配慮をやめて活動環境善すべきだとするが広がっています。しかし「炊き出しを食べない」という原則は本当なのでしょうか?

【画像】頑張っている自衛隊の姿

 防衛省および自衛隊関係者に取材したところ、「状況や現場の指揮官の判断によるので一概には言えない」と前置きしつつも、「基本的に被災された方々にお渡ししているものと自衛隊員が食べるものは一緒」との回答。炊き出しを振る舞っている場合は隊員も同じものを食べる場合が多いとのことでした。

 とはいえ「被災者の方々が第一なので、配給が行き渡っていない場合はレーションを食べる場合もあります」とも。また「被災者の方々よりもなものを食べるということはありえません」とのことでした。

 体を消耗する任務では食事による栄養補給は必須。厳しい状況下、被災者の人たちともども、せめてご飯は少しでもおいしいものを食べてもらいたいものです。

「原則缶詰」といううわさは事実なのでしょうか?