top_e

 1914年7月28日から始まった第一次世界大戦。当時の戦争は人類にとって最悪だった。軍事技術が急速に発展していったのに対し、医療技術が全く追いつかなかったのだ。

 大多数の軍は改良型の機関銃を使用し、性能の上がった機関銃による戦死者の数は急増した。毒ガスが本格的に使用されたことで戦争の歴史の新しい章を刻んだ。

 運よく生きのびても毒ガスで顔が焼かれたり、顔面を銃で撃たれた兵士たちの顔は目も当てられない状態だった。

 歪んだ顔のまま生きていくことは辛い。そんな兵士たちを救ったのは 医師ではなく一人の女性彫刻家だった。

―あわせて読みたい―

人工装具の発明者「アンブロワーズ・パレ」とその後の義肢に関する歴史
病院が怖いところにならないように。医療従事者と患者を笑顔にする面白マスク
手足を失っても勇気と希望は決して失わない。負傷した退役軍人たちの肉体美写真集
もはやSFの領域に。医療技術の進歩がわかる未来的10のブレークスルー
息子の為に3Dプリンタで義手を作ったお父さん。SNSで左手のない少女の存在を知り彼女の分も作ってあげる。

その生涯を兵士のマスク制作に費やしたアメリカの彫刻家


 1917年、夫と共にフランスに移住したアメリカの彫刻家、アンナコールマン・ラッドは、イギリス人の彫刻家、フランシス・ダーウェント・ウッドに出会うことで運命が変わる。

 ウッドは「ティン・ノーズ・ショップ」という店で顔を損傷した兵士達のための人工装具としてのマスクを制作し、彼らの人生に新たなチャンスを与えていた。

 彼に影響を受けたアンナは「ポートレイトマスクスタジオ」を設立し、兵士のためのマスク作りを開始した。

 1人1人の兵士の顔に合わせたマスクを作るのは容易なことではなく、1つのマスクをつくるのに1か月はかかる。だが彼女はマスクを作り続けた。その生涯をマスク作りに捧げ、手掛けたマスクは200にも上ったという。


Anna Coleman Ladd's Studio for Portrait Masks in Paris

見た目を気にし心を病む兵士の為に最良のマスクを

 顔を負傷し、潰れてしまった兵士たちはミティレ(傷ついた、切り裂かれた、失った人) と呼ばれていた。

 彼らは他人が自分たちの顔をどう受け止め考えるかをすごく気に病んでいた。人に会うことを拒み、孤独に陥って行くものがほとんどだった。

 彼らはすべての戦争の中で最も悲劇的な犠牲者なのだ。

1_e

2_e

3_e

4_e

5_e

 アンナは持ち前の芸術センスと器用さで、当時の水準を上回る素晴らしいマスクを次々と作り上げていった。

 1つのマスクをつくるのに1か月はかかる。しかもそのマスクですら、数年装着し続ければボロボロに崩れてしまう。

 それでもアンナマスクを作り続ける。そのマスクで人生を救われた兵士が多くいたことは確かである。

6_e
7_e
8_e

9_e
10_e
11_e

 1932年、彼女の慈善活動を称え、アンナフランス政府によって名誉の勲章を授与された。
12_e
13_e

 第一次世界大戦で顔面がつぶれてしまった帰還兵は約2万人にのぼったという。アンナマスクづくりに没頭し、寝る間も惜しんで約200のマスクを作ったが、それでもほんの1部の兵士しか救うことはできなかった。

 だが彼女の活動は多くの人々の心を動かしたし、今もそれは語り継がれている。

References: deMilked / written by いぶりがっこ / edited by parumo

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

15年以上も放置されてたお宝発見!祖母宅のガレージにあったのは超レアなランボルギーニ・カウンタックだった!
悪魔に憑依された修道女が無理やり書かされたという謎の暗号文「悪魔の手紙」がついに解読される
トルコの湖底に眠る古代教会遺跡。その下には秘密の異教徒の神殿が?
不吉なメッセージが刻まれたハンガーストーン(飢餓石)が再び現れる(チェコ)
現代にも通じるのか? 古代ローマで使用していた呪いの石板、7つの呪い

―知るの紹介記事―

死者の霊が関与した?世にも奇妙な死を遂げた世界10のケース
模造品が俺のジャスティス?中国で盛んに製造され続ける偽物スニーカー工場の実態とは
スーパーヒーローたちに家の雑用をさせるだとぅ?遠近法を利用した面白トリック写真
廃棄された列車内で生まれたマヌルネコの赤ちゃん。母親とはぐれた為人間の手による子育てが開始される(ロシア)
飲むだけで老化を遅らせることができる?注目のサプリメントは本当に健康寿命をのばすことができるのか?
第一次世界大戦で顔を負傷した兵士たちの為に、オーダーメイドのマスクを次々と作り上げた善意の女性彫刻家(アメリカ)