南極に22個もの建物が並ぶ謎の場所が存在し、グーグルアースでも確認できるとインターネット上で話題になっている。英「Express」が今月13日付で報じている。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/09/post_18133_entry.html

■雪原に並ぶ物体

 グーグルアースの衛星画像からはこれまでも数多くの謎の物体が世界各地で見つかっている。南極でも巨大な階段状の物体や葉巻型UFOの墜落跡などが報告されているが、今回新たに発見されたのは2kmにわたって22個もの構造物が一直線に並ぶ場所だ。座標(75° 0'46.98"S 0° 4'52.71"E)を入力すればグーグルアースでも確認することができる。

 この不思議な構造物を発見したのは、陰謀系YouTubeチャンネル「Conspiracy Depot」である。動画の説明によると、発見者らの調査ではこの近辺に基地やキャンプ地はなく、一番近いノルウェーのトロル基地からもおよそ320km離れているという。動画は先月28日に公開され、すでに11万回以上再生されて話題となっている。

 気になるのはその正体である。現場には「Express」紙が“墓標”と表現するように、整然と等間隔にほぼ同じ大きさの物体が並んでいるようだ。さらに整然と並んだ構造物の北東にも真四角の黒い構造物が写り込んでいる。ネット上では第三次世界大戦のために用意された避難用シェルターであるとか、エイリアンのための基地なのではないかとその正体について議論が起きている。

 別の陰謀系YouTuber「Florida Maquis」は、問題の場所についてさらに奇妙な指摘をしている。過去の衛星写真を比較すると、2001年頃から数年間は岩のような突起しかなかったのだが、2013年に突如丘のような盛り上がりと滑走路のように真っ直ぐに伸びた道のようなものが出現したというのである。周辺の雪の上には轍のようなラインが多数走っているなど、何者かがこの場所にいて何かをしていたような痕跡が見られるというのだ。

 このように、陰謀系YouTuberとそのファンは大いに盛り上がっているのだが、その一方、興味深い指摘もなされている。問題の場所がドイツアルフレッド・ウェゲナー極地研究所(AWI)が設置した夏の拠点の一つ・コーネンステーションの位置と一致するというのである。AWIのウェブサイトには大きなコンテナが列をなして立ち並ぶ様子が掲載されており、記載されたグーグルマップの衛星写真とも一致するように思われる。「Florida Maquis」が指摘した2013年の変化も、この場所で行われていた活動の様子だったとすれば辻褄は合うが……。

 最近は南極にも観光客が多数訪れているというが、その一方で一般には隠されている秘密基地のようなものが存在することも明らかになっている。例えば、今年2月にはフィットネストラッキングアプリヒートマップから“地下基地”が発見されている。何もない、誰もいないはずの場所で、フィットネスアプリを入れたスマホを持った何者かが活動しているのである。南極には我々の知らされていない何が隠されているのだろうか? グーグルアースから発見される様々な物体が、その一端である可能性はまるで否定できないのである。

(編集部)
イメージ画像:「Thinkstock」より

イメージ画像:「Thinkstock」より