VRやセンサーなどの技術を応用したソフトウェアハードウェアなどを手がける株式会社ビーライズは、幕張メッセにて9月20日から23日にかけて「東京ゲームショウ2018(TGS2018)」に出展を行います。視野角210度のVRヘッドセットStarVR 」を使用し、VRライドマシン「Lumbus」や歩行デバイスを展示予定、同社の展示ブースは9-11ホールのVR/ARコーナー、10‐W13です。


(VRヘッドセットStarVR」)

ビーライズ社は広島市立大学発ベンチャー企業、株式会社Lumbus(ランバス)」と共同開発したVRライドマシン「Lumbus」とVR歩行デバイスを、「StarVR 」を着用して体験するコンテンツを展示します。

展示内容

ラストライドVR(VRライドマシン+StarVR)

VRライドマシン「Lumbus」は、従来の複雑な構造ではなく、バランスボールと2本の軸を融合させた簡易構造で傾斜角度25度を実現。VRに体感をプラスし、リアルでスリリングなVR体験が可能なモーションプラットフォームとなっています。同ライドマシンで体験できる「ラストライドVR」は、この傾斜角度25度を最大限に体験できるコンテンツとのことです。

洞窟探索(VR歩行デバイス+StarVR)

VR歩行デバイスはVR環境内を全方位に歩行可能にするシステムです。前歩きだけなく、横歩きや後ろ歩きも可能です。従来のコントローラーによるVR空間内移動は、実際の感覚と異なるため、VR酔いの原因の1つとなっていました。

デバイスは重心変化や大腿部の動きを計測し、VR内での自然な歩行感覚を提示します。これにより、従来の歩行装置とは異なり、簡易的な構造で足が滑ることなく安全でより自然な歩行体験が実現します。

東京ゲームショウ2018開催概要

日時

ビジネスデイ】
9月20日、21日 10:00~17:00
ビジネスデイはプレス関係者およびビジネス関係者のみ
【一般公開日】
9月22日、23日 10:00~17:00
(状況により9:30に開場する場合があり)

会場

幕張メッセ千葉市美浜区中瀬2-1)
国際展示場1~11ホールイベントホール・国際会議場

アクセス

・JR京葉線 海浜幕張駅より徒歩約5分。
・JR総武線・京成線 幕張本郷駅より「幕張メッセ中央」行きバスで約17分

ブース

ビーライズ社:VR/ARコーナー 10‐W13

入場料

一般 (中学生以上 ):1,200円税込(前売券:1,000円税込)
子供 (小学生以下): 無料

公式サイト

https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2018/

(参考)株式会社ビーライズ プレスリリース