laser-scarecrows3-750x417_e

 イノベーションの波は農業の世界にも押し寄せている。

 アメリカ・オレゴン州のブルーベリー農園は毎年25パーセントの作物が鳥に食べられてしまうという問題に悩まされていた。

 そこに救世主のごとく登場したのが最新型のかかしだ。

 よく見る人型のタイプではない。レーザーを発射して鳥を驚かして撃退する。

―あわせて読みたい―

”悪魔の綱” 有刺鉄線にまつわるダークな歴史
空気注入型でうにょうにょ動く!次世代型かかし「エアレンジャー」
ホラーすぎるだろ!ニュージーランドの「呪いのかかし」
魔法かな?40種類の果物を実らせる木を作り上げた男性(アメリカ)
ゾンビの襲来とかかよ!フィンランドの道路沿いに大量に並んだカカシ集団


Agrilaser Autonomic - automatic laser bird deterrent

レーザーガンから緑の光線を発射

 
 かかしと呼ぶにはあまりにも知ってる形状ではないが、このかかしはアグリレーザー・オートノミック(Agrilaser Autonomic)という。

 ブルーベリーが成長するシーズン到来とともに、その農園は6台導入した。台座に自動制御されたレーザーガンを搭載した最新鋭のかかしである。

 レーザーガンから周囲に緑の光線が照射されると、鳥はこれを捕食者と勘違いして、一目散に逃げていくという寸法だ。

効果テキメン。鳥の数が99パーセント減少

 効果テキメンだった。これを販売するバード・コントロールグループBird Control Group)社によると、アグリレーザー・オートノミックを導入することで鳥の数が99パーセント減少したそうだ。

 その効果はブルーベリー26万2500キロ分にも及ぶ。金額に換算すれば1100万円相当の損害が防がれたことになる!

3_e0

鳥を退散させる究極の緑色レーザービーム

 アグリレーザーは4年の開発期間を経て誕生した。レーザーの色、波長、ビーム幅など、さまざまな点が実験された。

 有害な赤外線放射を抑えるためのフィルターまで開発されている。社長のシュタイナー・ヘンスクス氏によると、「鳥を退散させる究極のレーザービーム」が目指されたのだそうだ。

 レーザーの色が緑なのは、これが鳥の目から脳に最大量の信号を送れる色だからだ。鳥にしてみれば、赤よりも8倍も眩しく感じられるのだ。

5_e

 またレーザーガンを動かすパターンにも秘密がある。

 実験から判明したのは、レーザーを動かすパターンによって鳥を追い払う効果に違いがあることだった。このパターンはアグリレーザーが設置されるそれぞれの農園で最大限の効果を発揮できるようにカスタマイズされる。

 現在、アグリレーザーは各地の農園で活躍中であるが、そのほかにも空港や石油プラットフォームでも導入が進み、世界中の6000ヶ所の施設で利用されている。

 従来からあるかかしと違い、鳥がレーザーに慣れることはない。しばらくすると撃退効果がなくなるような心配は無用だ。

4_e0

効果だが捕食上位の鳥には効かない可能性も

 ただし、決して安い買い物はない。1台につきおよそ110万円相当のお値段だし、大抵の場合は1台だけで済むということはないだろう。

 また、現時点では鳥の種類を見極めることはないし、鳥がいるときだけ稼働するといった気の利いたギミックもない。

 世界には1万2000種以上の鳥がいる。そのため、レーザーが効きにくい種がいたとしても不思議ではない。アグリレーザーが最も効果を発揮するのは、自然界で捕食者に食べられるおそれのある鳥に対してだ。

 タカのような捕食者の場合、レーザーを照射されたからといって、そう簡単に怯えてはくれない。とは言っても、そうした鳥は農家にとってさしたる問題ではないので、上手くできている。

eagle-1753002_640_e

鳥に対する悪影響が心配される

 なおレーザーによって意図せぬ悪影響が出るのではという懸念もある。

 たとえば、このレーザーが鳥の目に与える影響はほとんど分かっていない。アグリレーザーから照射されるレーザーの威力や波長が、鳥の視覚を傷つけていないとは断言できないのである。

 今の時点では大きな成果を挙げているが、長期的にどうなるのかは不明だ。

 テクノロジーの進歩はしばしば思いもかけない結果を生じさせる。こうしたことが明らかになるまで購入を控えるべきだという声もある。

 だがアメリカではすでに100ヶ所の農園がアグリレーザーを導入し、今年中には3倍に増加すると見込まれている。

References: automatic laser bird deterrent / spectrum/ written by hiroching / edited by parumo

こちらもオススメ!

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

飲むだけで老化を遅らせることができる?注目のサプリメントは本当に健康寿命をのばすことができるのか?
最も勢いのある精子を5分で捕えることができるデバイスが開発される。体外受精の成功率向上を期待(米研究)
交通事故で亡くなった息子から精子を採取し、人工授精で孫を誕生させたイギリスの富豪家
今年のテーマは「I, Robot.」バーニングマン2018の見どころシーン
人工知能ロボット「ソフィア」を開発したAIチームが子供たちに最新技術を学ばせる為、ユネスコとパートナーシップを結ぶ

―動画の紹介記事―

愛するものと引き離され、捨てられた悲しみからなのか?涙を流す犬の姿が人々の心を打つ(アメリカ)
大好きな犬に起きてほしい猫。様々な猫手法を使い根気よく起こそうとする。
猫の手も借りたい!子だくさん14匹、子育てを頑張るお母さん猫の奮闘ぶり
マジかよ!?財布を盗まれた男性、その犯人が明らかになってびっくり仰天(中国)
エイリアンの襲来か?とネットを騒がせた、スコットランド上空に出現した謎の飛行物体、発光物質を大量放出。
最新のかかし事情。人型はもう古い。レーザービームを発射して鳥たちを驚かす