ソフトバンクは14日、新たなキャンペーンとなる「ギガ使い放題キャンペーン+」の提供を開始したことを発表した。9月6日から11月30日までをキャンペーン期間に、新規契約もしくは機種変更で「ウルトラギガモンスター+」に申し込んだ利用者が対象となり、2019年4月請求分までの料金が毎月1,000円(価格はすべて税別)割引されるキャンペーンである。

【こちらも】ソフトバンク、動画サイトなどで使用のデータ量をカウント除外する料金プラン

 「1年お得割」や「おうち割光セット」、「ギガ使い放題キャンペーン」などの、他のキャンペーンとの併用も可能だ。ただ、機種変更を伴わないプラン変更は本キャンペーンが適応されないので注意しよう。なお、「ウルトラギガモンスター+」への機種変更を伴わないプラン変更は、11月1日以降から受付開始となる。

 「ウルトラギガモンスター+」は、9月6日から新規契約と機種変更での受付を開始したソフトバンクの新プランだ。月額5,980円(税別)のデータ料金で、月間50GBのデータ通信量に加え、YouTubeabemaTVHuluなどの動画配信サービスと、FacebookLINEInstagramなどのSNSがカウントフリー(対象サービスの利用で発生するデータ通信量がカウントされない)になる。

 また、「ウルトラギガモンスター+」の開始と同時に、「ギガ使い放題キャンペーン」も開始されていた。このキャンペーンは、9月6日から2019年4月7日までを期間とし、「ウルトラギガモンスター+」加入者のデータ通信が、全てのサービスでカウントされないというキャンペーンだ。つまり、4月7日まではデータ通信を完全無制限で使えるということである。

 ソフトバンクは、このウルトラギガモンスター+を、「ほぼ使い放題」として売り出している。実際大容量のデータ通信量とカウントフリーサービス、そしてギガ使い放題キャンペーンによって、ほぼ使い放題と言っても過言ではない内容と言えるだろう。今回提供を開始した「ギガ使い放題キャンペーン+」に加え、他のキャンペーンもすべて利用した場合、2019年4月請求分までは、最安で月額2,480円にて利用できることになる。