現在、放送中の特撮ドラマ仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系・日曜午前9時~)。平成仮面ライダーシリーズラストを締めくくる話題作で、連続ドラマレギュラー出演を果たした女優・紺野彩夏ちゃん。

映画『恋妻家宮本』や『ミスミソウ』などに出演するほか、ファッション誌『Seventeen』の専属モデルとしても活躍中。最近は東京ガールズコレクション(TGC)にも初出演し、今年は"初"のニュースが続いている。女優とモデル、どちらも目が離せない19歳だ。

ふんわり穏やかな雰囲気と、あどけない少女感をあわせ持つ彼女。そのきれいで大きな瞳の奥には、何が映っているのか。『Seventeen』や『仮面ライダー』の話はもちろん、子どもの頃の夢から10代最後の夏の思い出までを聞いた。

プレッシャーは感じてないです

――平成仮面ライダーシリーズの最終作『仮面ライダージオウ』がついに始まりました! 今回のヒーローは、時空を旅して戦う"タイムトラベルライダー"。そのなかで紺野さんが演じる"オーラ"はどんな役ですか?

紺野 主人公ジオウの前に立ちはだかる「タイムジャッカー」のひとりです。いかにも悪役という感じではなくて、自分たちの目的を果たそうとするためというか。ジオウは未来で魔王になるんですけど、それとは違う自分たちの新しい王様を作ろうとして動いてる人たちなんです。

――今回、敵役での出演ですが、演じるうえで役作りはしたんですか?

紺野 沢尻エリカさん主演のドラマファーストクラス』などを見て、菜々緒さんとか悪女役の方々の演技を勉強しました。

――悪女を演じるのはうれしいですか? それとも不安?

紺野 やってみたかったのでうれしいです。役のせいで周りから嫌われたら嫌われたで、それはちゃんとできたってことだからいいかなって思えるし。

――連続ドラマレギュラーとなる今作。しかも『仮面ライダー』という超大作に出演するプレッシャーは感じました?

紺野 プレッシャーは感じてないというか、レギュラーとか大作とかはあんまり気にしない。すごい光栄なことだと思うしうれしいんですけど、元々ひとつひとつの仕事に対して緊張しないんです。レギュラーだから頑張らなきゃと意識することもなくて、常にずーっとこのまま平常心。

――すごいですね! じゃあ、「初めての現場は緊張でガッチガチ」なんて経験はない?

紺野 ないです(笑)。初めてだから、とかも気にしないです。

――まだ10代ですが、芸歴は19年ですもんね! 0歳の頃から芸能事務所に入ってモデルとして活動し、3歳で子役デビューされたんでしたっけ?

紺野 たぶん(笑)。いつから仕事をしてるのか、それさえもわからないぐらい小さい頃からこの世界にいるので......。

――気づいたら芸能界にいた?

紺野 あ、それですね! 確かに(笑)。ずっと生活の一部みたいな感じでやってきたので、それほど芸歴を気にしてこなかったです。

事務所に呼ばれて...。専属モデル決定の発表にビックリ

――子役時代から、女優として頑張りたいという思いはあったんですか?

紺野 全然そんなこと思ってなくて。この仕事を続けるつもりもなかったので、小学生の頃の夢はキャビンアテンダントか公務員でした。でも、モデル事務所にずっといるのでモデルにもなりたかったんです。

――モデルを目指したきっかけは?

紺野 小学生の頃に読んでいた雑誌『ニコ☆プチ』に出ていた憧れのモデル・三吉彩花さんが中学生向け雑誌を経由することなく、そのまま『Seventeenモデルに上がったんです。そんな三吉さんに憧れて、私も中1からオーディションに応募するようになりました。

――そして数年越しの念願叶って、2016年3月号から『Seventeen』の専属モデルに! 決まったときは相当うれしかったんじゃない?

紺野 もちろん、うれしかったんですけど......。高校1年生の冬くらいに、マネージャーさんから連絡があって事務所に呼ばれたんです。要件を何も聞かされてないし、高校生活にやっと慣れてきた時期だったから怒られるんじゃないかと思って。

――なんで怒られるの(笑)。悪いことしてたんですか?

紺野 何も悪いことしてなかったんですけど(笑)。なぜか怒られると思って、ビクビクしながら行ったんです。事務所の応接室に通されて、テーブルの上に書類がバーっと並べられてるのを見て「ヤバい、ヤバいぞ。これは何かやらかしたかな」と本気で焦っちゃって(笑)。書類って怖いじゃないですか。そんな状態で「『Seventeen』受かったから」って発表されたので、ビックリし過ぎて「はあ......、そうですか」って。

――怒られなくて良かったですね(笑)。そんな『Seventeen』では、ぐんぐん人気上昇中のふんわり系美少女"こんちゃん"。 9月号では、初の表紙登場! 

紺野 ありがとうございます~(ニヤニヤ)。

――うれしそうですね! やはり表紙は目標だった?

紺野 そうですね。誰もが出たいと思うんですけど、表紙ができる人は限られてるので難しい。ずっとやりたかったことでもあったので、すごくうれしかったです! 

――今回は何人かと一緒だったけど、いつかは単独で表紙に出てみたい?

紺野 ですね。ひとりで表紙できたらいいですけど......。

――そしたら、また事務所の応接室に呼ばれちゃうんじゃない?

紺野 怖いやつじゃないですか、それ(笑)。またビクビクしちゃいます!

――その他『Seventeen』でやりたいことはありますか?

紺野 毎月の連載ができたらいいなって思います。

――どんなことやりたいんですか? 本が好きだから、おすすめの本紹介とか?

紺野 本いいですね。でも私、好きなジャンルが偏っていて、ホラーとかミステリーしか読まないんです。読むのが早いから、新幹線の移動があると行きと帰りですぐ読み終わっちゃう。いつも移動中にちょっとずつ読んでます。

――文学女子っぽくてステキですね。年齢のわりにすごい落ち着いてますけど、友達とキャッキャ騒ぐことあるんですか?

紺野 あります、あります(笑)。それこそ、この前『Seventeen』の学園祭があったんですけど、結構はしゃぎましたよ。地元の友達と高校の友達が来てくれて、1ヶ月ぶりとかでも会うとギャーギャーなるじゃないですか。ずーっとみんなで話してて、止まらなかったです。

――じゃあ、普段から友達と行動することが好き?

紺野 いや、『Seventeen』の撮影とかみんなと一緒にいるときは結構しゃべるんですけど、ひとりで行動することも多いです。

――ひとり行動って何をするんですか?

紺野 ひとりでごはんに行くし、映画もひとりで観に行けるし。ひとりで行動するのはイヤじゃないです。あと、女のコってトイレとか一緒に行くじゃないですか。私は別に、ひとりでも全然トイレ行くし(笑)

――あれって女子の変な習性ですよね(笑)。役が決まって、周りの友達から何か言われました?

紺野 あ、友達から「あの役、似合うじゃん」って言われました。別の友達からもLINEで「え、役に合ってるくない?」って言われたから「はあ......、そうですか」みたいな(笑)

■女優とモデル、両方が大切

――今年は、10代最後の夏。この夏の思い出は?

紺野 夏の思い出は、これから。大学生夏休みはまだ終わってないので、9月後半まで遊ぶ約束がいっぱい入っていて。地元の友達の家でバーベキューして、水遊びして花火して1日で全部やりきるんです! あと、友達とディズニー行くのも楽しみ!

――友達同士で集まると、やはり恋の話とかするんですかね?

紺野 地元の友達は小さい頃からずっと一緒にいるので、あんまりそういう話はしないかな。なんの話をしたのか全然覚えてないくらい、くだらない話しかしてない(笑)。でも、女子だけで集まると恋愛の話をするときもあるし、そのへんの大学生と変わらないです。

――そんな恋の話聞きたいです! 好きな男性のタイプは? 

紺野 面白くて優しい人。話が合って、話すときのテンションが同じぐらいの人がいいな。

――見た目じゃなくて、話してみないとわからない?

紺野 一目惚れしたこともないし、"好きなタイプはこれ"っていうのがないかもしれないです。どんな人がタイプとか、そんなに気にしない。ただ、年上のほうが話とか合いやすいのかなと思います。

――仕事も恋愛も余計なことは気にせず、立ち止まらないんですね。では最後に、今後の目標を教えてください! 

紺野 もっとドラマに出たいです。『仮面ライダージオウ』が決まる前から、かっこいい悪女を演じてみたいと思っていたので、今回とは違うタイプの悪女役にも挑戦したい!

――『仮面ライダージオウ』の敵役は、"悪女女優"としての第一歩ですね! これまでにない悪い女を期待してます! もちろん、モデルとしての活躍も!

紺野 ありがとうございます。女優とモデル、どっちも大切なんです。気持ちがどちらかに偏ることはないので、これからも両方やっていけたらいいなと思ってます。

■紺野彩夏(こんの・あやか
1999年6月24日生まれ。千葉県出身。身長164cm。特技=ピアノ、一輪車。0歳から芸能活動を始め、CMモデルや子役として活躍。2016年3月から『Seventeen』専属モデルとなり、東京ガールズコレクション(TGC)等のショーにも出演する人気モデル
◯放送中の特撮ドラマ仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系・毎週日曜9:00~)にレギュラー出演中。その他、最新情報は、公式HP、公式Instagram【@ayaka_konno_official】でチェック

取材・文/釣本知子 撮影/松岡一哲

特撮ドラマ『仮面ライダージオウ』に出演中の紺野彩夏ちゃん