モデル、女優として活躍中の新川優愛さんが、9月16日に千葉・幕張メッセで開催された日本最大級のファッション&音楽イベントRakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER」に登場。新川さんはSPECIAL SHOWnon-no × titty&Co.」と「REDYAZEL」のショーのほか、OPENING ACTの一つ「星屑リベンジャーズ」にも出演した。その「星屑リベンジャーズ」のステージ直後に、バックステージでお話を聞かせてもらった。

【写真を見る】新川優愛さん

―新川さんは3つのステージに登場されますが、その中の一つが終了しました。

はい。『星屑リベンジャーズ』のステージは、本編のショーとは違って、セリフをしゃべったりしたのですごく緊張しました。こういうコレクションでしゃべる機会自体が少ないですし、貴重な体験というか、不思議な感覚でしたね。観ている皆さんに少しでも届いていたらいいなって思います」

―その衣装のまま、着ていただきましたが、このファッションポイントは?

「赤で統一しつつ、足元を黒で締めているところがポイントです。あとは、シースルーな部分とかも気に入っていて、大人っぽい雰囲気もいいですよね。今年、25歳になりますから、そういう大人っぽさも出せるように頑張ります(笑)

メイクにも大人っぽさが感じられます。

ありがとうございますアイシャドウは、夏だったら水色とかピンクとか、派手になりがちなんですけど(笑)、秋なので落ち着いた秋らしい色にしました」

―このイベントへの出演も9回目となりますが。

「お客さんやファンの方と触れ合う機会は、ドラマSNSを通じてというのはありますが、直接ボードを持ってくれているのを見る機会は少なくなってきているので、今回も出演が決まった時はすごくうれしかったです。私はこういう場では充電しているという感覚になるんです。みんなから元気をもらって、『明日からまた頑張るぞ!』っていう気持ちになれますから。あとはやっぱり、どんな服を着せてもらえるのかという楽しみもあります。事前に、衣装合わせとフィッティングをさせていただくのですが、『今回はこういう服を着れるんだ』って、いつもワクワクします」

―まだ出演ステージがありますが、会場の雰囲気を真っ先に味わった今の感想を聞かせてください。

OPENING ACTにも出演するということで、いつもとは最初にやることが違っていたので緊張して手が震えたりしていました。でも、生駒里奈ちゃんなど、一緒にドラマをやってきた仲間というか、共演者の方々がいてくれたので心強かったです。いつの間にか緊張していたことを忘れて、途中からは楽しんでやっていました。この後も出演するステージがありますが、今日、元気をもらった分、今後皆さんにドラマなど素敵な作品をお届けできるように頑張りたいと思っています」

撮影=石塚雅人 取材・文=田中隆信(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃一)

「Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER」に出演した新川優愛さん