半導体関連銘柄の株価が弱い

半導体関連銘柄の価調整が進んでいます。そこで今回は2018年9月11日に発表されたロームの次売上について振り返っておきましょう。

「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

直近の月次実績はどうであったか

2018年8月次売上高は対前「0から5減」ということで先マイナス成長となっています。もっとも、「8月は稼働日も少なかったため(売上高は)横ばい傾向」というコメントもあわせてされています。

また、対前年同では「0-+5増」とプラス成長となっています。商品ごとの対前年同で見ますと、LSI半導体素子などがプラス成長ではあるものの、モジュールマイナス成長となっています。

また、地域別の対前年同では、アメリカヨーロッパ内が好調で、アジアの伸びがそのほかの地域とべると弱くなっています。

直近の決算はどうであったか

少し前となりますが、2018年7月31日に発表された2019年3月期Q1決算では、売上高は対前年同期+5増、営業利益は同+18増と増収増益でした。

Q1決算発表時点での会社による通期の連結業績予想は、売上高は対前年度+6増、営業利益は同+2%と増という予想になっています。

また、バランスシートについては同社は歴史的に健全な企業です。Q1決算時点でも総資産が約8592億円である一方、純資産は7552億円となっております。

過去1年の株価動向はどうか

最後に同社の価動向について振り返っておきましょう。

足元、全般的に半導体関連銘柄の下げは大きいのですが、今回の次実績の発表以降の下げが大きくなっています。過去1年では年始には1万3000円台をつける局面もありましたが、足元は8000円台となっています。

今後、次実績次第で価も動き出す局面もあろうかと思います。引き続きロームからが離せません。