ロボットアームが香り豊かなカフェラテを淹れ、ヒューマノイドが人とスムーズに会話する。AI技術により、ロボットがさらにスマートになっている。上海で開催中の2018世界人工知能大会は、「AIが新時代にを与える」をテーマとし、こうしたロボットと人間が未来に実現する交流シーンを披露している。環球時報が伝えた。
17日、同大会の会場ではアリババ、テンセント、商湯科技などの中国科学技術企業数十社が、顔認や自動運転技術、見える化データ表示、ECサイト分析などのAI技術を出展していた。記者が約2分間の自動運転路上テストを体験したところ、その時速はわずか25キロだったが、急カーブでは走行方向を自動的に調整したほか、前方の障物を自動的に感知し、信号の示に従い自動で停・発進した。
中国信息通信研究院が発表した最新の報告書によると、世界AI特許件数のトップ3は中国米国日本中国米国を抜き、AI分野の特許出願件数が最多のになっている。今年上半期の世界AI企業数は4998社で、米国2039社で1位中国本土が1040社で2位だった。
AIの発展は世界職業の変化にも直接影を及ぼしている。世界経済フォーラム17日に発表した報告書によると、AIロボットの今後数年の世界的な普及と活用により、数千万の新たな雇用が創出される。その間に7500万人分の雇用が失われるが、1億3300万人分の雇用が創出されるため、2022年までには5800万人分増加することになるとみられている。現在は作業の29ロボットによって行われているが、2022年には42%に上昇する見通しだ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

上海市で開催中の2018世界人工知能大会は、「AIが新時代に力を与える」をテーマとし、ロボットと人間が未来に実現する交流シーンを披露している。資料写真。