1809wnst00

 祖父を亡くし、悲しみにくれる男性の元へ、ある1通の手紙が届いた。その手紙はスペインからで、男性の亡くなった祖父へ哀悼の意を表するもの。

 と、ここまではごく自然な出来事だが……その手紙の差出人は、なんと犬。かつて、祖父がかわいがっていた愛犬からだった。

 その犬は、祖父のアルツハイマー病が発覚した2017年初頭、新しい家族のもとへと引き取られていた。病気のこともあり、祖父には愛犬の世話が困難になったからだ。

 思いがけない"家族の一員"から届いたお悔やみの手紙を、その男性はツイッターに投稿。愛する家族との別れは悲しくも、そこに生まれた心温まる物語に、多くの人々が胸を打たれた。

―あわせて読みたい―

愛する人を亡くした悲しみとの向き合い方について高齢者が秀逸なアドバイス
足腰の不自由な犬を台車で散歩させるおじいさんにイタリア全土が感動
雨に濡れたら冷たかろう。誰よりも犬を愛するおじいさん。カッパを着せて帽子をかぶせて自転車でGO(フィリピン)
「ご主人見つけた!会いたかったよ!」飼い主の入院している病院を探し当てた犬
敬虔なる修道犬となった保護犬(ボリビア)

祖父の愛犬からの手紙


 祖父を亡くした男性のツイートには、2枚の写真がそえられていた。

去年の頭にじいちゃんがアルツハイマーだって診断されて、じいちゃんが飼ってた犬を里子に出さなきゃいけなくなったんだ。

残念ながら、そのじいちゃんは数週間前に亡くなったんだけどさ……今日、この手紙が郵便受けに入っていたよ


 1枚めの写真には、ビーチに面したバルコニーで、椅子にチョコンと腰かける犬の姿が。もう1枚の写真に写るメッセージカードには、こんな言葉が書かれていた。

こんにちは。ボクはいま、休暇でスペインに来ているよ。ボクのパパが亡くなったって聞いて、とっても残念です。パパはボクにすごくやさしかったよ。たくさんの愛をこめて。ウィンストンより。

悲しくも温かい物語に胸を打たれた人々

 もちろん、その犬――ウィンストン自身が、この文面を書いたわけではない。ウィンストンを引き取った家族が、男性の悲しみを思い、いわたりの気持ちをウィンストンに託したのだった。

 その事実は、多くの人々の心を揺さぶった。


なんてこと。ものすごく素敵なお話でもあるし、胸の痛む話でもあるわ。おじいさまのことは本当に残念だけれど、きっと犬を愛する素晴らしい方だったんでしょうね。
おじいさんが亡くなられたことは残念だけど、そのワンちゃんの新しい家族がなさったことは本当に素敵ね!

ワンコの新しいご家族にも、神のご加護がありますように……ウィンストンが、ちゃんと愛されていてよかったですね

泣いてます。

誰か玉ねぎでも切ってるの?

 こうして、多くの人々がこの男性へ心を寄せ、言葉をかけることとなった。いまは少しでも、その悲しみが和らいでいるといいなと思う。 

 死や別れは避けられないものだけれど、どうしたって悲しいし寂しい。しかし同時に、家族との絆や新しい出会いを祝福してくれるものでもあるのかもしれない。そんなふうに感じる出来事だった。

 そして、そんなあたたかな奇跡をもたらすきっかけとなるのは、首をかしげてこちらを見つめる1匹の小さな犬かもしれないのだ。

References:twitterなど /written by momo/ edited by parumo

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

「俺じゃない、コイツだ」スリッパを食いちぎったのは誰?に対する2匹の犬の反応
一緒に寝てもいい?無毛タイプの猫を温めてあげる有毛タイプの猫が奏でるやさしい世界
「ドイツでは正当な理由なしに犬や猫などの脊椎動物を殺すことを禁じる法律がある」に関する海外の反応
動物園で結婚式を挙げたカップル。クマが積極的に参列、記念写真にぽか~んと写り込む(アメリカ)
救世主現る?合成サンダルウッド(ビャクダン)の香りがハゲに効果があるという研究結果(英研究)

―画像の紹介記事―

一緒に寝てもいい?無毛タイプの猫を温めてあげる有毛タイプの猫が奏でるやさしい世界
悪魔を宿してしまったのか?不敵に笑っているようにみえるサメの画像が海外で話題に!(オーストラリア)
動物園で結婚式を挙げたカップル。クマが積極的に参列、記念写真にぽか~んと写り込む(アメリカ)
ハスキーと赤ちゃんの仲良し動画に世界がほっこり
美を追求しすぎちっち?「聖パドヴァのアントニオの像」をオネエっぽくしたとして宗教団体が激怒(コロンビア)
祖父を亡くした男性に意外な「家族」から届いた手紙。差出人はなんと!祖父の愛犬だった。そこにはこんな物語が。