様々なジャンルで活躍する方をゲストに迎えて、“すまい”にまつわるお話を伺うこのシリーズ

それぞれのライフスタイルの中で、「めるもの」や「大切にしているもの」を深掘りしていきます。

第8回は、独特のスピリチュアル視点で世の中を切り取る作人気コラムニストで漫画家の辛なめ子さんが登場。

さんが考える、理想の住まいとは?

“セリア”のアイテムだけでOK!ガスコンロ「グリル排気口」は掃除しなくていい!?

26歳で実家から独立して中古マンションを購入!

辛酸なめ子さん

学生の頃は7畳ほどの部屋を2段ベッドで仕切って、と2人で使っていました。
が寝ると消しなければならないので、本を読むこともできず、暗闇の中で手探りで生活していました(苦笑)。
そんなこともあって、く自立したいと思っていましたね」

このように実家に住んでいた時代を振り返る辛さんは、26歳で実家を出て、中古マンションを購入。「自立」したという。

若くして中古マンションを購入した彼女だが、賃貸マンションに住まなかったのは彼女らしい理由があったようです。

実家埼玉県内を転々として、飯の借に住んだこともあり、崖とお稲荷さんに挟まれ、マムシが出たりしました。
それが原因で一軒が苦手になっちゃって、ひとり暮らしするならマンションがいいなと決めていました。
それで荒川区の手頃な中古マンションを買ったんですが、賃貸だと々の賃で生活が立ち行かなくなりそうだし、それな賃よりも安い4万~5万円でローンを組んだほうがいいと思ったんです」

しかし、最初に購入した中古マンションはあまりいい物件じゃなかったという。

「内見すると、部屋じゅうにやたらとお札が貼ってあって……。
不動産屋さんは『前のオーナーギャンブル好きで、ゲン担ぎのためですよ』と説得のないことを言うだけだし(苦笑)。
おまけに最寄りまで徒歩で20分もかかり、の日に行き倒れかけたり……。
日当たりが悪く、原因不明の眠気に襲われることがたびたびあって、仕事にならない。それで厄年を機に心機一転、引っ越すことに決めました」

 

辛酸さんが東京の下町に住み続ける理由とは?

辛酸なめ子さん

その後、台東区の新築マンションを購入した辛さんは、今も快適に暮らしているとか。

しかし、なぜ下町にばかりに住んでいるのか? 何かこだわりがあるのですか?

荒川台東と下町に住んでいるのは、埼玉出身者がいきなり港区に住むのはハードルが高いし(苦笑)、都内で住みやすそうなエリアを選んだ結果です。
ただ、マンションを買うとなると、自由業の私には会社員のような信用はなく、何度も不動産屋さんに通って、買いたい本気度をアピールしました(笑)。2LDKと前のマンションより広いし、の眠気に襲われることもなく(笑)仕事がはかどります」

難があるとすれば、日当たりがよくないことくらいと話す辛さん。

でも、意外な方法で対処しているという。

「都内のマンションは隣も高い建物で、日があまり入らないので、北欧具を置いてます。
北欧って日照時間が少ないぶん、の中を明るく、居心地をよくする工夫が上手で、自体も幸福度が高いですよね。デンマーク発の雑貨店・フライング タイガーも、商品の色や形がポップで、お店に行くだけで気分が明るくなるくらい。私にとっては、自分を浄化したり、英気を養う場所。
だから、北欧具のほかにも、間を浄化するスプレーを使ったり、パワーストーンを置き、小さな棚もしつらえてます。
それに、お祭り神社巡りをしたときにもらってきたお札も置いてあります」

 

そんな辛さんのお気に入りのアイテムは以下の2つ。

スウェデッセの白いコート掛けと、フィリップ・スタルクの小人スツール
パワーストーン

タルクは、アサヒビールの“筋斗”のような巨大オブジェが有名だが、具にも造形美が見て取れる。

趣味で集めたパワーストーンにはシバリンガムなど、さまざまな石がある。

ハンドスピナーとちょうど同じサイズのものもあったので、ハメてみましたんだとか。

 

一軒家恐怖症だけに、やはりマンション?辛酸さんが住みたい家とは…

辛酸なめ子さん

そんな辛さんの望みがもしかなうなら、どんなに住みたいですか?

「昔のお屋敷のような庭園のある。六義園や旧岩崎邸庭園など、昔のお屋敷を見にいくのが好きなんです。。
お屋敷は造りが贅沢ですし、手入れのいい庭園もあるから、とても気持ちがいいです。
吉田茂邸は大磯の高台にあって、富士山がよく見えるうえにオーシャンビュー!
ここに住めば総理になるのも当然と思うほど、運気がよさそうでした。
それに、マンション暮らしで木のが足りないので、庭に憧れがある。一軒は苦手だけど、こんななら別荘として住んでみたいですね」

 

なめ子さん 1974年生まれ。漫画家コラムニスト。
武蔵野美術短期大学デザイングラフィックデザイン専攻卒業大学時代から多方面で創作活動を始め、現在テレビ、雑誌など多くのメディアで活躍。芸界やセレブの動向をウォッチし、スピリチュアルオカルト世界を駆け巡る。近著に『《あの世》を味方につける最強の生き方』(ヒカルランド)。

 

photo kouki hayashi

15294681073332