2009年に公開された映画『スタートレックシリーズのスポック役で知られるザカリー・クイントが、『ウォーキング・デッド』や『ベター・コールソウル』などを放送している米AMCの新作ホラードラマで悪役を演じることが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『IT/イット』に続け!? S・キングの息子が手掛けたホラー小説を、米AMCがTVシリーズ化

ザカリーが出演する超常現象ホラードラマNOS4A2(原題)』は、2013年に出版されたスティーヴン・キングの息子ジョー・ヒルによる同名小説のドラマ化となる。主人公は若きアーティストのヴィック・マックイーン。自分に超常的な能力を持っていると知った彼女が、不死だと思われている悪人チャーリー・マンクスを追い詰めていく様子が描かれる。

ザカリーは子どもたちの魂を食い物にするマンクスを演じ、彼は残った肉体をクリスマスランドと呼ばれる世界へと連れていく。クリスマスランドはマンクスによる想像の産物で、毎日がクリスマス。"不幸"が法律違反となっている場所でもある。そして、ヴィックがある物を見つけた時、マンクスは自分の世界が脅かされていることに気づくのだった...。

ヴィック役には、ミステリードラマ『ミス・フィッシャーの殺人ミステリー』や、映画『アニマルズ 愛のケダモノ』などに出演しているオーストラリア出身のアシュリー・カミングスがキャスティングされている。

ザカリーは、大ヒットドラマHEROESヒーローズ』の悪役サイラーを演じて注目され、『スタートレック』のスポック役に大抜擢。そのほかに、人気ドラマアメリカン・ホラーストーリー』や映画『スノーデン』などにも出演し、2019年に撮影が始まるとみられている『スタートレック』の最新作にもスポック役で続投する予定だ。

ザカリーが悪役を演じる全10話予定の『NOS4A2』は、ロードアイランド州で撮影が開始されたばかりで、2019年にAMCにて放送開始予定。(海外ドラマNAVI

Photo:ザカリー・クイント
(c)NYKC