どんなことがあっても守らねばならないはずの幼い我が子の命を故意に危険に晒し、衝突事故を起こした母親がこのほど米フロリダ州で逮捕されたが、その動機はなんとも呆れるものものであった。『Tampa Bay Times』『The Sun』などが伝えている。

フロリダ州ウィーキーワッチーに住むブリアンナ・ベクトール(21歳)は9月18日午後9時頃、車の後部座席に生後2か月の娘を乗せて故意にポールに突っ込む衝突事故を起こした。

駆けつけたパスコ郡警察に、ブリアンナは「別れた恋人の気を引きたかった。自分や娘を傷つける意図は全くなかった」と供述した。ブリアンナの娘は事故の後、念のために病院に運ばれたが幸いにも無傷だったようだ。

別れた交際相手に「死んでやる」と脅迫の言葉を投げかけ、幼い我が子を危険な目に遭わせたブリアンナは過重暴行虐待の罪で逮捕され、保釈金5万ドル(約560万円)が設定された。現在、パスコ郡刑務所に拘留中ということだが、母親の身勝手な事故に巻き込まれた娘は、実の父親のもとへ預けられているという。なおブリアンナは、7月にも家庭内暴力で逮捕された前科があるそうだ。

相手の気を引きたいがために母親が子供を虐待するという悲しいニュースは、残念ながら今回が初めてではない。2016年にサウスカロライナ州で起こった事件では「夫の気を引くため」とわずか1歳5か月の娘に塩を食べさせ、死に至らしめた母親が逮捕された。

画像は『The Sun 2018年9月20日付「TWISTED ATTENTION BID Mum ‘deliberately crashes car with her newborn baby inside to get ex’s attention’」(IMAGE: PASCO COUNTY SHERIFF’S OFFICE)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト