(C)mayu tsutsui

ベトナムというと、東南アジアの中でも物価が低く買い物天国イメージです。特に首都ホーチミンでは、ナイトマーケットが盛んで様々な場所で開催されています。

中でも有名なのが、ベンタイ市場周辺のナイトマーケット。アクセスのよさからガイブックには、必ずといっていいほど大きく掲載されています。
しかしあまりにも有名なため、現地の方々も日本語で接客してきたり、お値段も観光客プライスと少し高めに設定されているのが難点。

そこで、今回ご紹介する ハントンタイ市場のナイトマーケット。ベンタイ市場などがある中心地から30分〜40分到着の位置にあり、地元の方には有名なマーケットなためタクシーで名前を伝えるとすぐに向かってくれます(料は片600円ほど)。毎開催されていることもあり、ホーチミン市最大規模とも言われ、衣類や雑貨、化粧品、食べ物など様々な物が売られています。

さらにお値段はホーチミン市内の半額以下!買い物大好きな女性の方には、まさに天国のような世界が広がっています。


売られているものが豊富

(C)mayu tsutsui

ハントンタイ市場を訪れて、まず驚くことは売られている品物の数!地元の方々向けのマーケットということもあり、ベトナムローカルフードや食材はもちろんのこと、靴や洋アクセサリーコスメ、腕時計メガネ、電化製品など様々なものが販売されています。この市場だけで全身コーデが完成できますね。



(C)mayu tsutsui

売られている洋や靴などは、日本でも見かけるデザインのものが多く、今年流行りのオフショルやボリューム袖のシャツや柄のワンピなども売られていました。


とにかく値段が安い

(C)mayu tsutsui

もともとベトナムの物価は安く、ホーチミン市内で売られている洋5001500円ほど。この時点で日本の物価からすると、とてもお得に感じてしまいますが、ハントンタイ市場ではさらに私たちの想像をえた値段で、販売されています。


(C)mayu tsutsui

例えば、写真のようなTシャツは1枚100円〜、ピアスネックレスなどのアクセサリーは1つ50円ほどで購入できました。


(C)mayu tsutsui

東南アジアのマーケットというと、値切り交渉が鍵とも言われていますが、これらは特別に値切って購入したわけではありません。ローカルの人達向けに商売をされているので、スタート時の価格がすでに安すぎるのです。

押し売りが少ない

(C)mayu tsutsui

ホーチミン市内で買い物をしていると、日本人だとわかった途端日本語で「これ買わない?」「安くするよ!」と腕を掴まれたまま離してもらえないことが多かったです。


(C)mayu tsutsui

しかし、ハントンタイ市場では地元の方々ですでに賑わっているため、店員さんも忙しくされています。



(C)mayu tsutsui

少しの英語ベトナム語しかわからない店員さんも多く、こちらが「いくらですか?」などと話しかけると歩み寄ってくるという印でした。


いても大丈夫

(C)mayu tsutsui

ナイトマーケットが開くのは、19時過ぎ。ちょうどおいてくる頃です。ですが、そこはホーチミン市内最大のナイトマーケット。


(C)mayu tsutsui

屋台や、屋根付きの食堂もあります。ベトナム名物のフォーやミーサオ、生春巻きなどローカルフードが売られています。


(C)mayu tsutsui

買い物に食事にお金持ち気分で楽しめるハントンタイ市場。ホーチミンを訪れた際は、ぜひハントンタイ市場で楽しいを過ごしてみてください。


ハントンタイ市場 Hanh Thong Tay Market
ベトナムのナイトマーケットには女子大興奮の魅力が詰まっていた