9月21日発売の「フライデー」が、バナナマン日村勇紀と、16歳の時に関係を持ったという女性の証言を掲載した。2人が出会ったのは16年も前のことだという。

「記事によると女性は02年に、21歳だと年齢を偽ってファンレターを出し、日村と連絡を取るようになったそうです。彼女はメールを始めてすぐに16歳だと実際の年齢を打ち明けたそうですが、『10代でもかまわない』と日村は受け入れ、名古屋で初対面。そして、飲食店では飲酒を勧められ、その後はホテルでゴムをつけずに行為に及んだとのこと。それ以降もしばらくは2人の関係は続いたと女性は証言しています」(芸能記者)

 今回、報道内容が16年も前ということだけでなく、女性が年齢を詐称して日村に近づいていたため、ネットでは「昔の話を今さら持ち出す女性が理解できない!しかも合意の上でしょ?」「16歳と詐称して近づくなんて最低じゃん。これは日村さんに同情の余地がある」「ハニートラップではないか?」と、彼を擁護する意見が多く飛び交っている。

 また、今年の初め、ある芸人はこの事態を予測していた可能性があるという。

「1月に放送されたラジオ番組『金曜JUNK バナナマンバナナムーンGOLD』(TBS系)に、手相芸人・島田秀平が出演した時のこと。そこで彼は日村の今年の運勢を占い、『ハニートラップに要注意なんですよ』と忠告していたのです。その際、日村は『こえぇー!』と不安の声を漏らしていたのですが、まさか16年も前のことを今さら掘り起こされるとは、誰も予想していなかったことでしょう」(テレビ誌記者) 

「フライデー」によると、少女との行為を禁止する条例の公訴時効は3年なので、罰則は適用されないとのこと。はたして日村は、今まで通り仕事を続けていくことができるだろうか。

アサ芸プラス