子育て経験のある母親たちが活動している NPO法人e-Lunch(イーランチ)は、近年のインターネット利用の低年齢化を踏まえ、2004年から全幼稚園保育園において未就学児を持つ保護者や保育関係者に向けたセミナーを開催し、通算100回、約6,500人が参加しました。

セミナー開始当初は、子育てシーンにも使われるようになったスマホに対して、批判的な意見が多くありましたが、現在は「上手な活用」や「適正利用」といった意識に変化してきています。セミナーでは、庭でのルールの作り方や守り方をグループワークを通して考る場を作り、保護者自身のスマホの使い方が子どもの手本となることの大切さなどを伝えています。

同時に、協賛企業株式会社カスペルスキーの協を得て、スマホを安全に使うためのセキュリティ対策の情報提供をしていますが、保護者自身のセキュリティ意識は4年の間にはあまり変化がなく、情報が入りにくい保護者層への啓発の必要性はますます高まっています。

年々セミナーのお申し込み数や、1回あたりの参加者数も増え、父親向けセミナーも開催されるようになってきました。これからも子育て中の保護者の気持ちに寄り添った、スマホ時代の子育てに役立つ活動を続けていきます。

セミナー風景



■保護者向けインターネット安全利用啓発セミナー「スマホのある子育てを考えよう」概要
会場、時間:園定会場で60分~90分程度で実施します。
保育園幼稚園・こども園に通う子どもの保護者および子育て関係者
講座内容:子育てとスマホのある現状 / 子どもがスマホを使うときに親が気を付けるべきこと・安全対策 / 庭でのルール など。
講義とグループワークでわかりやすく進めます。
催:NPO法人e-Lunch
協賛:株式会社カスペルスキー
詳細は公式サイトをご覧ください。 http://sumaho-kosodate.com/

■ NPO 法人e-Lunchについて
NPO 法人 e-Lunch(イーランチ)は、地域の情報支援女性社会参加の応援を的に、2003年4月静岡県焼津市において設立。母親線を大切にした「少年インターネット安全利用啓発活動」「ネットトロール」を通し、情報社会に生きる子どもたちが、将来ICTを賢く使いこなせる社会人となるために、情報モラルと適正な判断を育む支援をしています。

Kaspersky Lab について
Kaspersky Labは、IT上の脅威から世界を守る「Save the World from IT threats」をミッションとするITセキュリティソリューションベンダーです。1997年の設立以来、ITセキュリティ市場におけるテクノロジーリーダーとして、大企業から個人ユーザーまで幅広いお客様に効果的なセキュリティソリューションを提供しています。また、サイバー犯罪の撲滅をし、インターポールをはじめとする世界中の法執行機関に対して、脅威インテリジェンスの提供や捜への協を積極的に行っています。事業展開は200のと地域にわたり、ユーザーは全世界で4億人を数えます。持ち会社は英国で登記しています。

<本件に関するお問い合わせ>
NPO法人e-Lunch 理事長 松田
TEL:054-626-2100 | FAX:054-625-9400
URLhttps://npoelunch.jp/ | Mail:info@npoelunch.jp

配信元企業特定非営利活動法人e-Lunch

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ