番組開始25年目を迎えた『めざましテレビ』が、第3回目となる『めざましライブ〜日本お元気キャラバン』を、大山開山1300年祭に沸く鳥取県米子市の米子コンベンションセンターで開催した。

鳥取県での開催は初となる今回の『めざましライブ』には、AAAメンバーとしても活動しソロで現在のミュージックシーンを牽引するラッパー・SKY-HIが登場。事前のコメントでは『米子に全てをぶつけます』と意気込みを語っていた。そして、ボーイスタイルファッションカリスマAKIRAと人気ロックバイオリニスト・Ayasaの奇跡のコラボレーションユニット“+A”(プラスエー)が出演し、米子を大いに盛り上げた。

ライブはAyasaの代表曲「Spectrum feat.B.EYES」でスタートEDMサウンドバイオリンのアッパーロックチューンは“美しすぎるバイオリニスト”と評される美貌とは裏腹に、女性らしくも激しいライブパフォーマンスイベントトップを飾った。次は1億回以上のMV視聴を誇る米津玄師の「Lemon」をバイオリンの艶やかな音色で披露。そして、Ayasaの呼び込みで登場したのは“美しすぎるボーイスタイル”のAKIRA。舞台『ヴァンパイア騎士 -Revive-』のテーマソング「ヴァニタスの円舞曲(ワルツ)」と「蒼き月満ちて」を力強くも麗しい歌声で披露する。

二人はMCで『今日は皆さんにプレゼントがあるんですよ』と話すと、番組キャラクターの『めざましくん』人形をオーディエンスにプレゼントし、この美しすぎるコンビユニット・+Aのパフォーマンスへ。8月にリリースしたばかりのデビュー曲「忘却のセイント」「姫柘榴」の2曲をパワフルに披露した。希有のシンガーであるAKIRAの美しく逞しいヴォーカリゼーションとAyasaロックヴァイオリンが融合し、まさにJ−Rockファンアニメファンクラシックファンを巻き込んで『このジャパニーズカルチャーを海外へ』という想いを込めた夢のコラボレーションライブだった。

続いては『めざましテレビ』の人気コーナー“めざましじゃんけん”。フジテレビアナウンサー・酒主義久の『皆さん、一つになって盛り上がるゲームをしたいと思います。めざましじゃんけん、ご存知でしょうか!』という掛け声でオーディエンスは一斉に立ち上がった。今回は酒主アナとともに、MCを務めたフジテレビアナウンサー久慈暁子とTSK山陰中央テレビアナウンサー五十嵐希の3人で観客全員とじゃんけん対決となり、優勝者には特製めざましグッズがその場でプレゼントされた。

そして、メインアーティストであるSKY-HIが堂々たる姿で登場し、オーディエンスの割れんばかりの掛け声で米子コンベンションセンターテンションは最高潮に。1曲目「Limo」では疾走感ある歌とダンスラップで一瞬にしてSKY-HIワールドを表現した。『めざましライブ in 米子はじめようか!』の掛け声の後は「Ms. Liberty」。軽快なビートとともに、高速ラップが炸裂し『元気いいね! せっかく来たんだ。一緒に歌って踊りませんか?』とシャウトすると会場はダンスフロアに変貌!

『めざましライブには本当に感謝しています。ありがとうございます。なんたって、俺とここ鳥取と島根にはものすごい結びつきがあるんですよ。初めてメジャーデビューシングルリリースした時に全国のラジオ局に手紙を書いたんですよ。そしたら鳥取と島根の方がパワープレイにしてくれたんですよ』とコメントした後の「Tyrant Island」では、SKY-HIが唯一無二の存在ということを証明するような高速ラップとフローでオーディエンスを魅了。圧巻のマイクパフォーマンスを披露する。そして、8月に配信リリースしたばかりのMIX TAPE(MINI ALBUM) 『FREE TOKYO』から「Name Tag」と「何様」、「Walking on Water」「F-3」を立て続けに披露。『ここに来てくれた全ての人に愛と感謝とリスペクトを込めて』と話すと「Blame it on Me」「Bitter Dream」を魅惑的に、そしてダンサブルに届けた。

MCでは『去年か2年前かな、米子でのライブで「生きてて辛いって思ったことないやつ見たことないぜ」って言った時に、「あれ? わりと思ってないやついるぞ」と思ったんですよ。もしかしたら山陰の方は“幸せ度数”が高いのかなと思いました(笑)』と、米子での体験を語った。そして『君とかあなたがいい顔をしているのであれば、僕はいくらでも援護射撃したいです。一方で、もしも辛いなと思う時が、少しでも未来のことが不安に感じることがあれば、君たちの中でネガティブなことがあれば、俺のところに持って来てくれたらポジティブにしてあげたいと、そう思ってます。そんな想いでやらせていただきたい曲をやります』と話すと「0570-064-556」を祈るような、想いのこもったラップでオーディエンスに届ける。

そして、再びMIX TAPE(MINI ALBUM) 『FREE TOKYO』から「I Think, I Sing, I Say」、ピアノトランペットと軽快なビートに乗せたSKY-HIからのポジティブメッセージソングMarble」、ブリブリのベースが象徴的なバンドサウンドバックトラックに疾走感あるラップを乗せた「Double Down」ではオーディエンスとのコールレスポンスで一番の盛り上がりを見せた。

高速ラップエネルギッシュなダンス、そして、熱いメッセージと愛情のあるコメントSKY-HIの『心に届ける』ライブを米子のFLYERSファンの呼称)たちもしっかりと受け取ることができた。そして、最後には、めざましテレビ25周年企画「日本つながるプロジェクト」の応援ソング第3弾に決定した「Snatchaway」を披露した。

ファンキーなサウンドとリズミカルなラップと開放感ある歌で表現したパーティーチューンで今回の『めざましライブ〜日本お元気キャラバン in 米子』は熱気120%のまま終了…かと思いきや、米子に集まったFLYERSが声援を送り続けると、普段はアンコールをしないSKY-HIが再び登場!! 「One Night Boogie」を最後の最後に米子のFLYERSと一緒に歌って踊って、『米子に全てをぶつけます』と約束した通り全力を出し切ったSKY-HIのスペシャルライブ大盛り上がりのうちに幕を閉じた。

このライブの模様は9月25日(火)の『めざましテレビ』にて放送予定。次回の『めざましライブ~日本お元気キャラバン』は京都・北野天満宮での開催が決定しているので、乞うご期待!

■『めざましライブ~日本お元気キャラバン』公式HP
http://www.fujitv.co.jp/livecountrytour/index.html

SKY-HI オフィシャルHP
この記事の画像をもっと見る
9月23日(日)@『めざましライブ〜日本お元気キャラバン』(SKY-HI)(okmusic UP's)