25日に浦和競馬場で行われた第6R・新鋭特別(ダ1500m・10頭)は、外から先手を取った御本訓史騎手騎乗の1番人気、単勝1.0倍のホウショウレイル(2、浦和小久保智厩舎)が、第3コーナーから後続との差を広げ始め、最後は2着のスフォルツアート(2、川崎・高賢一)に大差(2.9)をつけ優勝した。3着は2身差でトーセミラクル(2・浦和小久保智)が入った。勝ちタイムは重馬場で1:36.3。

 ホウショウレイルはヴィクトワールピサウショウアマネ、そのUnbridled's Song。2001年さきたま杯などを制したゲイリーイグリット。7月18日デビュー戦で2着に3.0差、2戦は2.1をつけて優勝しており、今回はこれまでよりも引き付ける形の逃げとなったが、またも大差勝ちで傷3連勝を飾った。