8日、ジャニーズJr.とAKB48の豪華競演が話題を呼んだ学園ドラマ「私立バカレア高校」の劇場版が完成し、コスプレイベントが行われた。

 劇中でも登場する“コスプレカフェ”のシーンにちなみ、秋葉原UDX THEATERに150名のファンを招待し、1度限りの“超プレミア試写会・カトレア コスプレシアター”を開催しようという今回のイベント。会場入り口では劇中で着用したコスプレ衣装に身を包んだAKB48メンバーが出迎え、開映前からファンの興奮は最高潮に。

劇場版「私立バカレア高校」プレミア試写会フォトギャラリー

 この日参加したのは、島崎遥香大場美奈永尾まりや、小林茉里奈、中村麻里子、加藤玲奈、竹内美宥、川栄李奈、高橋朱里、市川美織のフレッシュなメンバー計10名。予定されていた光宗薫は体調不良で欠席した。 

 それぞれが着用する衣装はスタッフと相談して決めたが、メイド姿の島崎は、「私は河童を着たかったのですが、(ジャニーズJr.が生徒の男子校)馬鹿田高校の生徒に盗られてしまい、メイドさんということで。メイドさんは秋葉原でよく見かけますが、初めて着たので新鮮というか(笑)。でも、自分で言うのも何ですが似合っているかなと思います」と、嬉しそう。見事優勝した先日のじゃんけん大会では、「この映画のカトレア高校の制服を着て参加しました。公開も近い初主演映画なので、その思い入れで優勝できたと思います」と裏話を語った。

 かぼちゃデザインの服を着た大場は、「何で笑いが起きるのかな? 前に出る役だったので、張り切っている感を出そうと。最初は加藤玲奈ちゃんが着ている服が候補でしたが、ずっと輝いていたこの服が誰にも選ばれていなかったので、試しに着たいと言ったらOKが出ました」と、かぼちゃ愛を告白。

 “フレッシュレモンになりたいの”がキャッチフレーズの市川は、「私もメイドみたいな可愛い服にしたかったのですけれど、それでは目立たないと思って、1度なりたかった天使にしました」と答えたが、他のメンバーから「あれ、レモンになりたいんじゃないの?」と突っ込まれると、「レモンはなかったし、違う一面を見せようと思って」と慌てて言い訳、場内は笑いに包まれた。

劇場版「私立バカレア高校」プレミア試写会