渡辺獏人の新連載「援護部長ウラマサ」が、本日3月8日に発売された週刊漫画サンデーNo.11(実業之日本社)似てスタートした。

「援護部長ウラマサ」は、不況の煽りを受け右肩下がりの広告代理店を舞台にしたビジネスマンガ。広告の素人だが、社長直属の部下として動く援護部長の活躍が見所だ。第1話では、クライアントから枕営業を迫られる美人主任を援護部長が救う様を描く。

なお今号には、さかもと瓢作の読み切り「落漫三昧」も掲載された。3月15日に発売されるNo.12からは、木葉功一「セツ」が連載を再開する。

「援護部長ウラマサ」カット。